ソフトB・栗原 初回2号2ランで打線点火! 打率3割に乗せて「一打席一打席必死にやっている結果」

ソフトB・栗原 初回2号2ランで打線点火! 打率3割に乗せて「一打席一打席必死にやっている結果」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ ソフトバンク7ー0日本ハム(2021年4月6日 札幌ドーム)

No image

<日・ソ>ガッツポーズで写真に納まる栗原(撮影・高橋 茂夫)

ソフトバンクは14安打7得点と打線が爆発し、連敗を5で止めた。

初回に柳田の中前打で幸先良く先制した後、2死二塁の場面で第1打席を迎えた栗原。「得点圏に走者がいたのでなんとか返したいなという思いが強かった」と、日本ハム先発の池田が投じた初球のスライダーを完璧に捉えた。「感触は良かった。なんとかいってくれと思いながら走った」という打球は右翼席スタンドに飛び込む今季2号2ランを放ち打線に勢いを与えた。

この日2安打を放った栗原は試合前の打率.281から打率.306と3割に乗せたことに「一打席一打席必死にやっている結果だと思う。それを続けていきたい」と謙虚に語った。

チームは連敗を5で止め、勝率も5割に復帰。「何とか一つでも多く勝てるように頑張っていきたい」と昨季シリーズMVP男がチームを引っ張っていく覚悟を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加