JR東海、武豊線6駅の券面確認台にモニターを設置 無人駅でもオペレーターとの視覚コミュニケーションが可能に

JR東海、武豊線6駅の券面確認台にモニターを設置 無人駅でもオペレーターとの視覚コミュニケーションが可能に

  • Traicy
  • 更新日:2020/10/17
No image

JR東海は、武豊線の集中旅客サービスシステム導入駅6駅に、案内用モニターを設置する。

集中旅客サービスシステムは、券売機に隣接しているインターホンと券面確認台を通じて、案内センターのオペレーターが音声で利用客に案内するシステムで、武豊線では2013年10月より導入されている。今回、案内用モニターが設置されることで、音声に加えて映像による双方向のコミュニケーションが可能となるほか、耳の不自由な利用者もサービスが利用できるようになるという。

設置駅は、緒川、東浦、亀崎、乙川、東成岩、武豊の各駅。使用開始日は10月9日。

なお、同社では、今後東海道本線大府~岡崎駅間、関西本線名古屋~桑名駅間の集中旅客サービスシステムにも、同様の機能を備える予定だとしている。

赤玉 裕匡

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加