日本ハムのスペシャルチケットとは? 手頃価格で応援グッズ「ビギナーズパック」に迫る

日本ハムのスペシャルチケットとは? 手頃価格で応援グッズ「ビギナーズパック」に迫る

  • フルカウント
  • 更新日:2021/04/07
No image

日本ハムの「ビギナーズパック」特典イメージ【画像提供:パ・リーグ インサイト】

19時以降の「時差入場」により、当日券の半額で平日ナイターの試合を観戦することが可能

日本ハムおよびファイターズ・スポーツ&エンターテイメントは、2021年シーズンの「遅割」チケットの発売を開始した。19時以降の「時差入場」により、当日券の半額で平日ナイターの試合を観戦することが可能に。4月6日からの札幌ドームでの主催試合が対象となる。さらに、Tシャツ付きのチケットや「ビギナーズパック」などのスペシャルチケット、「セブン-イレブン シンデレラシート」が復活登場する。

これらスペシャルチケットの中でも、チケット価格+2000円でTシャツ、ツインスティック、トートバッグの3点を入手できる「ビギナーズパック」は特筆すべきだろう。コンシューマー・マーケティング部チケットグループの佐野文香さんにお話をうかがった。

日本ハムでは近年企画チケットとしてグッズ付きチケットの販売に力を入れ、「ライト層に向けて、球場で観戦する際の必須アイテムをチケットと一緒にお手頃価格で手に入れてもらえれば」という想いから、2018年にビギナーズパックが誕生した。

発売当初のビギナーズパックは、ツインスティックにロケット風船、風船用ポンプ、トートバッグの4点に加え、期間によってデザインが変わるタオルがランダムで入っていた。当時活躍し始めた若手選手など、タオルの種類は多様。しかし、ビギナーの方に向けてはメディア露出の多い選手がいいのではないかという意見が挙がり、翌年の2019年には中田翔内野手、西川遥輝外野手、中島卓也内野手のタオルを含む4点のグッズがセットで販売された。タオルは既述の3選手から選択が可能であったこともあり、さらに好評を得た。

「幅広いファンの皆さんに購入してもらいたい」

「球場での観戦が初めてでも手が出しやすい」ということを第一に考え、リーズナブルな価格に設定されたビギナーズパックは、車いす席やファミリーシートなどの複数枚で販売されている席種を除いた全ての席種で購入可能。以前は席種が限定されていたが、「幅広いファンの皆さんに購入してもらいたい」という考えで、対象となる席種が拡大された。

このビギナーズパックの発表と併せて、スペシャルチケットの第一弾として発表されたのがTシャツ付きチケット。「ローソン 中田翔/中島卓也Tシャツ」や、杉谷拳士内野手、大田泰示外野手、西川外野手、近藤健介外野手の各シルエットTシャツがチケット価格+2000円で購入できる。

「コロナ禍の昨年、来場者や企画チケットの購入者の中で多数を占めていたのがファンクラブにも入会しているコアな層、特に中高年の方でした。昨年Tシャツを販売していた際に、『ちょっと派手すぎて着にくい』という声をいただいたので、誰もが着やすいシンプルなデザインをということで、シルエットTシャツは全てグレーを基調にしました」

佐野さんの話からも「球場に来る全ての人に楽しんでもらいたい」という、球団関係者にとっての原点であり行動指針を忠実にサービスに落とし込んだ様子がうかがえる。野球観戦ビギナーにとってハードルの高さを感じる「初めての野球観戦で何を買うか」へのアンサーと、気軽な価格設定がパ・リーグやプロ野球界全体に広がってほしいと、かつてビギナーだった筆者も強く思う。

スペシャルチケット第一弾に加え、今後も開催するシリーズに応じたチケットの販売を予定しているとのこと。また、チケットサイト<Fチケ>では購入したチケットに後からスペシャルチケットグッズを追加することができる新機能がリリースされた。スペシャルチケットで観戦をお得に、そしてより一層楽しんでみてはいかがだろうか。(「パ・リーグインサイト」高橋優奈)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグインサイト」高橋優奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加