熊澤風花(Task have Fun)[アザーカット&インタビュー]グループ結成時に振り絞った勇気「“やるからにはセンターに”と言ったんです」

熊澤風花(Task have Fun)[アザーカット&インタビュー]グループ結成時に振り絞った勇気「“やるからにはセンターに”と言ったんです」

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/10/14
No image

熊澤風花(Task have Fun)[アザーカット&インタビュー]グループ結成時に振り絞った勇気「“やるからにはセンターに”と言ったんです」

小学校4年生の時に原宿でスカウトされたことをきっかけに芸能活動をスタートさせた熊澤風花。Task have Funのオーディション、結成当初の活動を振り返りながら、3人の意外な関係性を語る。

【画像をもっとみる】

インタビュー:竹内伸一

撮影:江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)

ヘアメイク:砺波喜子

スタイリング:馳尾潤子(Jstyles)

3人の個性が強いからこそ、お互いの足りない部分を助け合うことができるんです

ーー最初に加入したグループ(プリティ♡グッド)は、途中で活動休止になったんですよね?

熊澤:

そうなんですよ。まわりの子たちが卒業することになって、そのタイミングで、Task have Funを作ることになったんです。それで入りたいって思ったんです。アイドルは楽しかったし、もっとやりたいと思って、“やらせてもらえませんか?”って。でも、オーディションがあったんですよ。(オーディション参加者が)何人か集められて、数ヵ月レッスンがあって……歌やMC、早口言葉なんかのレッスンもありました。オーディションではレッスンで練習したことを発表しました。前のグループはオーディションなしで入ったので、“今回落ちたらどうしよう、私、やることなくなっちゃう”と思って、めちゃめちゃ必死にやりました(笑)。オーディションで今でも覚えていることは、“センターになりたいか、センターでなくてもいいのか、どちらなの?”って聞かれたこと。私は“やるからにはセンターになりたいです。目立って引っ張っていける存在になりたいです”って言ったんです。今はセンターにいるので、あの時、言っておいてよかったって思います(笑)。もし、“私は端っこでも大丈夫です”って言っていたら、また違っていたと思うので、いろいろなことってつながっているんだなって思いますね。

ーーグループに対するやる気みたいなものを計られたんですかね?

熊澤:

そうだと思います、たぶん。

ーーはっきり“センターになりたい”と言えるほど、アイドル活動に魅力を感じていたんですね。

熊澤:

そうですね、やりたいっていう気持ちは強かったですね。

ーーオーディションを経て、熊澤さんと白岡今日花さんと里仲菜月さんの3人がメンバーに決まったわけですね。

熊澤:

私が先に事務所に入っていたので、2人はちょっと後輩になるんですよ。だから、最初はすっごい気を遣われていました。同い年と1個下なのに(笑)。“風花ちゃん”って呼ばれてて、ちょっと距離があるなって感じがしました。最初は、どうやっていけばいいのか、ちょっと不安がありました。でも、デビューまで1年間レッスンしたんですよ。3人で合宿したりもして。その1年で打ち解けていきましたね。今はすごくやりやすい関係性になっていると思います。

ーー熊澤さんが何かをして関係性が変わったのではなく、1年という時間が関係を変えてくれた?

熊澤:

どうなんだろう……泊まりの合宿レッスンは大きかったですね。それまではお昼から始まって夜には解散っていう感じでレッスンしていたんですけど、一緒にご飯を食べて、食器を洗って、お布団を出して……そうやって生活も一緒に過ごすことで仲間意識が育っていったんじゃないかなって思います。

ーー一緒に過ごしていると、お互いの知らなかった面や本当の性格みたいなものも見えてきますよね。

熊澤:

そうですね。私たち、すっごいバラバラなんですよ。同じクラスだったら、絶対に仲よくならないでしょって思います(笑)。だからこそ、それぞれに向いている役割分担があるんですよね。それで長く続いているんだと思うんです。

ーークラスでは友達にならないけど、仲間なんですね。なんだか不思議ですね。

熊澤:

絶対に仲よくならないと思いますね、気が合わないです(笑)。これ、みんなでよく話すんですよ、“絶対に仲よくならないよね”って(笑)。でも、個性が強いからこそ、お互いの足りない部分を助け合うことができるんです。

本記事は、『PnR』vol.1収録インタビューをもとに再編集した特別編です。

No image

熊澤風花(Task have Fun)/『PnR』vol.1アザーカット

惜しくも誌面には掲載されなかった秘蔵写真を使用! 10/28までしか買えない期間限定プレミアムアイテム

熊澤風花(Task have Fun)の本書アウトテイク写真を使用したパネル、アクリルパネル、アクリルキューブが発売中。パネルとアクリルパネルは大型 A2サイズで、タレント本人のサイン付き。全アイテムが、2021年10月28日(木)までの期間限定の完全受注販売。

■■■直筆サイン入り特大A2アクリルパネル■■■

価格:各¥55,000(税込/送料別)

サイズ:A2(440mm×614mm×5mm)/1,700g

No image

直筆サイン入り特大A2アクリルパネル

直筆サイン入り特大A2アクリルパネル

販売ページ(Pop'n'Roll ONLINE SORE)

■■■アクリルキューブ■■■

価格:各¥19,800(税込/送料別)

サイズ:120mm×120mm×20mm/500g

※サインは入りません。

No image

アクリルキューブ

アクリルキューブ

販売ページ(Pop'n'Roll ONLINE SORE)

■■■直筆サイン入り特大A2写真パネル

価格:各¥11,000(税込/送料別)

サイズ:A2(440mm×614mm×7mm)

No image

直筆サイン入り特大A2写真パネル

直筆サイン入り特大A2写真パネル

販売ページ(Pop'n'Roll ONLINE SORE)

■受注期間

2021年10月28日(木)23:59まで

■発送時期

本商品は2021年12月上旬以降の発送を予定しております。ご注文いただいたお日にちの順番に応じて配送を開始。地域によって配送状況が異なる場合がございますので、予めご了承ください。また、事前に個別での配送日のご案内や日時指定はお受けできません。

※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。

■注意事項

※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。

※キャンセル不可商品となります。

※お客様の都合によるお届け済みの商品のお取り替え、ご返品はご容赦願います。

※未成年者の場合は親権者の同意を得た上でご購入ください。

※アーティストのサインのみ、お客様の宛名の記入はございません。なお、サインを書き込む位置の指定はできません。

※サインはアーティストが自筆で記入するため、その過程において一部汚れや傷、折れが発生している場合がございます。返品・交換などの対応はいたしかねますので、ご了承ください。

※パネルは素材、印刷、加工の特性上それぞれ仕上がりが異なり、多少のかすれ、インクの写りなどに個体差ございますが、不良品ではございません。

※商品到着時に状態をご確認いただき、運送の上の都合によるキズ・へこみが見られる場合はまずは運送会社にお問い合わせください。

本の質感だからこそ伝えられる美しさ 写真集のように写真1点1点を大きく掲載!

No image

来栖りん(26時のマスカレイド)『PnR』vol.1表紙(撮影:曽我美芽)

熊澤風花(Task have Fun)のインタビューを全編収録した『PnR』vol.1、全国の書店、WEB書店、レコードショップなどで発売中。

表紙&巻頭の26時のマスカレイドの来栖りんをはじめ、熊澤風花(Task have Fun)、寺坂ユミ(純情のアフィリア)、村田実果子(BLACKNAZARENE)、西葉瑞希、篠原みなみ、そよんが登場。

それぞれ20ページ前後のボリュームで、撮り下ろし写真とともに、これまでの人生をじっくりと振り返った約10,000字のインタビューを掲載。

今、大きな輝きを放っているアイドル、グラビアタレント、コスプレイヤー、女優の素顔や生き様を、美しい写真とロングインタビューで赤裸々にお届けする1冊。

『PnR』vol.1

発売日:2021年9月29日(水)

仕様:A4判/144ページ(オールカラー)

価格:1,980円(税込)

■出演

来栖りん(26時のマスカレイド)

熊澤風花(Task have Fun)

寺坂ユミ(純情のアフィリア)

村田実果子(BLACKNAZARENE)

西葉瑞希

篠原みなみ

そよん

【画像をもっとみる】

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加