「SSFF&ASIA2021」がリアルとオンラインで開幕!剛力彩芽&山田孝之ら、豪華俳優陣集結!

「SSFF&ASIA2021」がリアルとオンラインで開幕!剛力彩芽&山田孝之ら、豪華俳優陣集結!

  • シネマカフェ
  • 更新日:2021/06/11
No image

山田孝之/「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2021」オープニングセレモニー

もっと画像を見る
アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2021」(SSFF&ASIA)のオープニングセレモニーが6月11日(金)、都内にて行われ、オープニングMCに剛力彩芽と山田孝之が登場した。セレモニーでは剛力さんが主演を務めるショートフィルムが初上映されたほか、山田さんらが企画する「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」の概要と進捗も発表された。

「SSFF&ASIA」はアメリカのアカデミー賞公認の映画祭。第23回目となった2021年は、幅広いジャンルの企業や団体とタッグを組み、バラエティに富んだショートフィルムをオンライン会場で上映され、さらには5か所のリアル会場で開催。世界約120の国と地域から集まった6000本以上の中から、選りすぐりの約250作品が上映される。

剛力さんの熱演に山田さん「歌っているところを見られるの、恥ずかしいですよね?」

昨年スタートした剛力さんのプロジェクト内容について、「未来の映画業界を支える日本人クリエイターの活躍の場を増やしたいと思い、始動しました」と、剛力さんが経緯を説明。本プロジェクト内で、剛力さんは3名の監督作品で主演を務めており、この日は岡山天音を共演に迎えた『卵と彩子』が初上映された。劇中、出産シーンに挑戦した剛力さんは、「まだ出産の経験がないので、監督とどういう風にしていこうか、と話し合って」と、YouTubeを見たり、様々な練習をしたりして臨んだという。

『卵と彩子』を剛力さんの隣で観ていたという山田さんは、劇中、歌とダンスも披露していた剛力さんに触れ、「歌っているところを見られるの、恥ずかしいですよね? 僕が観ているのを見ていて、恥ずかしいんだろうなって意識しながら観てました(笑)」と、俳優同士ならではの会話を弾ませていた。

著名俳優24名が監督に挑戦!「MIRRORLIAR FILMS」

そして、役者を目指すすべての人に「学び」と「チャンス」を提供するために立ち上げられた「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクトでは、メンバーである山田さん、阿部進之介、伊藤主税プロデューサーが登壇。今後発表されるショートフィルムのうち、24名もの著名俳優が監督に挑戦することでも注目を集めている。

彼らにどう声がけをしたのかと、代表の別所哲也が尋ねると、山田さんは「基本的にはLINEで、10分くらいで映画を撮ってみませんか、って」と屈託なく答えた。進捗状況については、伊藤Pが「夏公開を目指して、今、製作や編集、脚本を書いているチームもあり、随時公開の準備をしている状況です。7月には、いろいろと発表できると思います。楽しみにしていてください」とメッセージを送っていた。

オープニングセレモニーには、そのほか、和田正人、紺野まひる、寺脇康文、LiLiCoらも出席した。

「SSFF&ASIA」は6月11日(金)~6月21日(月)まで、5会場のほか、オンライン会場にて開催中。

cinamacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加