【ロッテ】中村奨吾が起死回生の同点弾 ロッテがモイネロから本塁打は来日後初

【ロッテ】中村奨吾が起死回生の同点弾 ロッテがモイネロから本塁打は来日後初

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

ソフトバンク対ロッテ 9回表ロッテ1死、中村奨は同点の左越え本塁打を放つ(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク-ロッテ>◇23日◇ペイペイドーム

ロッテ中村奨吾内野手(30)がV逸の土壇場で、起死回生の同点弾を放った。

1点を追う9回1死走者なし、ソフトバンク・モイネロの154キロ直球を捉え、左翼テラス席への12号同点ソロとした。

ロッテの打者が難攻不落のモイネロから本塁打を放ったのは、モイネロの17年の来日後初めてのこと。のべ155人目の打者で、ついに1発が出た。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加