警視庁アウトサイダー:第4話 浅野ゆう子がゲスト 英児&光輔VS裏社会の「女帝」

警視庁アウトサイダー:第4話 浅野ゆう子がゲスト 英児&光輔VS裏社会の「女帝」

  • MANTANWEB
  • 更新日:2023/01/25
No image

連続ドラマ「警視庁アウトサイダー」第4話の一場面=テレビ朝日提供

西島秀俊さん主演の連続ドラマ「警視庁アウトサイダー」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第4話が1月26日に放送される。女優の浅野ゆう子さんがゲスト出演する。

【写真特集】「私ははめられた」英児の恩人が自殺 死の真相は

警視庁生活安全部の参事官・黒石元警視正(井上肇さん)が自宅アパートで自殺する。黒石は組織犯罪対策部の部長候補と目されていたが、数カ月前、若い女性との不倫が週刊誌に報じられ、依願退職したばかりだった。

知らせを聞いた桜町中央署刑事・架川英児(西島さん)はがく然とする。英児にとって黒石は、組織犯罪対策部にいた頃、何かと目にかけてくれた恩人だった。まもなく、黒石が死の直前、英児に手紙を残していたことが判明。そこには「あれは罠(わな)だ。私ははめられた。君も気をつけろ」とつづられていた。

英児は、蓮見光輔(濱田岳さん)、鑑識の仁科素子(優香さん)を巻き込んで誰が黒石を罠にはめたのか探り始める。また新米刑事・水木直央(上白石萌歌さん)には、黒石のスキャンダルの相手・森沢未央(喜多乃愛さん)に接触するよう依頼する。

やがて背後に暴力団「鷲見組」が絡んでいることに気づいた英児と光輔は、鷲見組の敵対組織「一途会」最高顧問・手嶌春(てしま・はる、浅野さん)のもとに乗り込む。手嶌は裏社会の「女帝」で闇に通じており、事件の真相についても知っている様子。だが情報提供の見返りとして、2人にとんでもない要求を突きつける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加