Co shu Nie、“どうしても届けたい曲”を中止のツアー追加公演前日にリリース

Co shu Nie、“どうしても届けたい曲”を中止のツアー追加公演前日にリリース

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2020/07/08

Co shu Nieの新曲「FLARE」が本日7月8日に配信リリースされた。

No image

Co shu Nie

すべての画像を見る(全2件)

Co shu Nieは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて最新アルバム「PURE」のリリースツアーを中止。明日7月9日にはツアーの追加公演を東京・Zepp Tokyoで行う予定だった。「FLARE」はこうした状況の中「どうしても届けたい曲が出来た」として制作された楽曲で、メンバーはこの曲について「多様性がスタンダードとなった現在でも、繋がってること、ずっと変わらないことを書きました」とコメントしている。

Co shu Nieコメント

皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今年の1月から、アルバム「PURE」をリリースして開催していた全国ツアーの東京・大阪公演が、COVID-19の影響で振替になり、本来なら明日7/9には初めてのZepp Tokyoワンマンを行う予定でした。
Zepp Tokyo、BIGCATでの公演を本当に楽しみにしてくれていた皆のことを想うと、本当に寂しいよ。だけど、Co shu Nieの音楽を聴いてくれる皆とは、愛のある繋がりを見つけていく。

まだまだ先行きが見えない中で、「中止」という判断をしましたが、どうしても届けたい曲が出来たので、新曲をリリースすることにしました。
「FLARE」は、変わりゆくこの世界で生き抜いていく私たち“人”を主人公とした現代の、Co shu Nieなりの主題歌です。多様性がスタンダードとなった現在でも、繋がってること、ずっと変わらないことを書きました。ぜひ聴いてね!

※Co shu Nieの「o」はウムラウト付きが正式表記。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加