バイデン氏 マスク着用義務化を協議 10州知事らと

バイデン氏 マスク着用義務化を協議 10州知事らと

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/20
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカ大統領選挙で勝利を確実にしているバイデン氏は新型コロナウイルスの感染対策に向け、マスク着用の義務化を州知事らと協議しました。

バイデン氏:「マスク着用の義務化を話し合った。民主党と共和党の10人の知事がマスクの必要性を認識している」
バイデン氏は来年1月の政権発足後にマスク着用の義務化を検討しています。一方、ペンス副大統領はトランプ政権として「感染を封じ込めるための都市封鎖はしない」と強調しました。また、新型コロナによる死者が25万人を超えるなか、CDC(疾病対策センター)は来週から始まる感謝祭の休暇中の旅行を控えるよう呼び掛けました。実家に帰省したりする際は屋内でもマスクを着用するよう呼び掛けています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2020

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加