NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
侍・菊池が覚悟!負傷辞退会沢さんの分も!「メダルを取って応えてあげたい」

侍・菊池が覚悟!負傷辞退会沢さんの分も!「メダルを取って応えてあげたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/27
No image

ノックを受け華麗に送球する菊池涼(撮影・田中太一)

東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の最終合宿3日目(一般非公開)が21日、楽天生命パーク宮城で行われ、広島・菊池涼介内野手(31)は「左下腿(かたい)腓腹筋挫傷」で代表を辞退した会沢翼捕手(33)の思いを背負って大会に臨み、頂点に立つことを誓った。

特別な大会に、使命感が増幅する。苦楽をともにしてきた仲間の顔が脳裏に浮かぶ。菊池涼はカープの同僚・会沢の思いを胸に刻んで世界一に挑戦していく。「本人が一番悔しいと思っていると思います」。会沢は6月15日の西武戦で左足を負傷。「左下腿腓腹(ひふく)筋挫傷」と診断され、選出されていた代表を辞退した先輩の胸中をおもんぱかった。

19年のプレミア12ではともに戦い、頂点に輝いた。会沢と同じ88年生まれで代表に選出されているのは田中将、坂本、柳田、大野雄と中心選手ばかり。「プレミアでも正捕手として、どっしり構えていた姿を思うと、会沢さんの世代が中心(の大会)。頼れる先輩がいないのは寂しいけど、メダルを取ってしっかり応えてあげたい」。神妙な面持ちを浮かべつつ、覚悟をにじませた。

この日のシートノックでは軽快に白球を追い、遊撃・坂本との連係も難なくこなした。「これまでも組んできたし、不安なく入れると思っている」と冷静に振り返った。黒土の上を軽やかに駆ける名手の姿は頼もしい。「やれることをしっかりやれば、必ず優勝できると信じている」。頂点をつかみ取り、最高の報告をする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加