「ピピは多才だ」ジダンとラウールが才能を認めた中井卓大。マドリーの名物スカウトの評価は?

「ピピは多才だ」ジダンとラウールが才能を認めた中井卓大。マドリーの名物スカウトの評価は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/10/16
No image

トップチームへの練習参加が話題となった中井。(C)SOCCER DIGEST

“ピピ”の名は一気に全国区となった

今週の頭に、インターナショナルウィークで各国代表選手が抜けことを受け、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、カンテラ(下部組織)から数人の練習メンバーをトップチームに“招集”。そのなかに含まれていたのが、日本の16歳・中井卓大だった。

“ピピ”の愛称を持つMFは現在、マドリーのフベニールB(U-18相当)に所属。今夏には、フベニールA(U-19相当)の選手主体で出場するUEFAユースリーグ(若手版チャンピオンズ・リーグ)のメンバーに登録されるなど、同年代の中でも一目置かれる存在だ。

ジダンからお呼びが掛かったことで、スペインのメディアはこぞってこの若きサムライに注目。紹介記事を掲載したり、スキル動画を公開したりとちょっとしたフィーバーとなっている。

【写真】「美男美女」と話題!中井卓大と姉・保乃可さんとの2ショット

そんななか、スペインのデジタル紙『El Confidencial』も、ピピのこれまでのキャリアを振り返る特集記事を掲載。そのなかで、マドリーの著名なスカウトのこんな話を紹介している。

「彼は自信に満ちた選手だが、非常に献身的で、決して他人任せにしない。印象的な倫理観があり、中盤のほぼすべてのポジションでプレーする、多才なプレーヤーだ」

記事によれば、そうした“厚かましさ”と献身性が、マドリーのカスティージャ(Bチーム)の監督を務めるクラブのレジェンド、ラウール・ゴンサレスの興味を引き、何度か練習に参加させているという。

フベニールA、カスティージャ、そしてトップチーム。まだまだ道のりは長く、そして険しいが、ジダンとラウールが才能を認めたこの若武者ならば……。そう期待せずにはいられないポテンシャルをピピは備えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】マルセロが驚愕の表情!11歳の中井卓大が披露した超絶テクニックは
こちら

【画像】まるでモデル?中井卓大が投稿した貴重な私服ショットはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加