『17才の帝国』全5回の物語に熱狂の予感 “経験”は人を腐敗させるものなのか

『17才の帝国』全5回の物語に熱狂の予感 “経験”は人を腐敗させるものなのか

  • Real Sound
  • 更新日:2022/05/14
No image

『17才の帝国』写真提供=NHK

土曜ドラマ『17才の帝国』(NHK総合)の冒頭は、AIの光が、山田杏奈演じるヒロイン・サチの顔を赤く染めるところから始まった。その目に浮かぶ歓喜の表情。それが何を意味しているのか。彼女と、彼女が憧れてやまない、神尾楓珠演じる少年・真木亜蘭と仲間たちが作ろうとする、理想に満ちた「帝国」は、一見完璧だからこそ、どこか怖くもある。

参考:『17才の帝国』はまるで映画 神尾楓珠、星野源ら適材適所の役者たちの演技は必見

『NHKワールドJAPAN』を通じて、土曜ドラマ枠が世界に発信される第1弾となるこの作品。近未来の日本を舞台に、様々な才能が結集し、「AI」と「SF」、「政治」と「青春」を描く。注目すべきは、キャスト・スタッフ共に完璧な布陣である。数々の名作NHKドラマを手掛けてきた訓覇圭が制作統括、『カルテット』(TBS系)、『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)を手掛けた佐野亜裕美がプロデューサー。音楽は『大豆田とわ子と三人の元夫』を手掛けた坂東祐大を中心とした4名の作曲家が担当した。演出は『きれいのくに』の西村武五郎、桑野智宏。そして、脚本は『けいおん!』など数々のヒットアニメを手掛けてきた吉田玲子。近年では『映画 聲の形』『平家物語』が印象的だ。

また、本作の肝は、優れた俳優たちが織りなす、「子供対大人」の興味深い構図だ。『彼女が好きなものは』の記憶も新しい神尾楓珠、山田杏奈。『サマーフィルムにのって』『愛なのに』など、好演続きの河合優実。多くのドラマ・映画で活躍する望月歩ら、気鋭の若手俳優陣。そして、そんな彼らを支え、時に対立し、壁となる立場になるのだろう、大人側の苦悩を滲ませる星野源、染谷将太。さらにその上で迫力のある佇まいを見せる柄本明、田中泯。

本作が描く202X年の日本は、超高齢化社会となり、深い閉塞感に包まれ、「サンセット・ジャパン」と揶揄されている。状況を打破するために総理・鷲田(柄本明)が立ち上げたのが「Utopi-AI」、通称UA(ウーア)構想だった。全国からリーダーをAIで選抜し、退廃した地方都市の統治を担わせる。そして、その独立特別行政区「ウーア」の総理大臣として選ばれた17才の少年が、真木亜蘭であり、官僚の20代前後の若者たちだ。

「私は一つの痛切な願いを持っている。私がこの世に生まれたがゆえに、世の中が少しだけよくなること。そう認めてもらえることが、私の生きがいでもある」

序盤に引用されるリンカーンの言葉だ。それは、「ウーア」の総理大臣である真木だけでなく、サチにも、サチの弟・樹介(加藤憲史郎)にも当てはまる言葉でもある。前述したように、サチの目に浮かぶ「歓喜」からこのドラマは始まる。そのまま物語はその時点から半年前に遡り、真木がプロジェクトの参加メンバーに選ばれるように夢中で祈るサチの姿が示される。「彼は理想の国を作ることができる人」だから彼女は自分にできないことを、「世の中をどうにかしたい」という思いを、彼に託した。そして、彼女は真木によって「認められ」総理補佐官として「ウーア」を統治する一員となる。

いじめが原因で学校に行けなくなった樹介は、家族で「ウーア」に移住し、閣僚会議を視聴し、参加する。「町全体が議会になる」とされたその空間で、自分の思いが「共感値」として可視化されたことに喜び、自身も参画していることに目を輝かせる。

第1話の中で、「ウーア」という箱庭を通して、理想の政治の在り方のモデルケースが様々に呈示されたが、何より大きいのはこの点だろう。ここには、「世の中を少しでもよくしたい」という強い思いと、その思いを託せる人物がいて、人々が互いに認め合える関係性が構築されようとしている。つまり、ここには理想の民主主義の形がある。

一方で、「透明な/人々の声を聞き/手を差し伸べる」政治は、これまで存在していたものを「無駄なもの」として容赦なく斬り捨てる一面も持っている。市議会の廃止、市の職員の削減の提案といったものがそれである。「改革」を急ぐ彼らを諫め、なんとか押しとどめようとする平(星野源)。

真木たちを「子供」、平たちを「大人」と仮定して、彼らを二分するのは何だろう。それは「経験」ではないだろうか。真木の就任演説は、理想的であると同時に、新聞記者・山口(松本まりか)曰く「大人を弾劾し、大人になることを拒む」かのような少年の主張のようでもあった。平や鷲田たちは、真木たちを「経験のない若造」として下に見るが、真木は、「経験」を「人を臆病にしたり人を腐らせることもある」と言う。確かに、経験を重ねることで大人は「間違っていることを間違っていると言えな」くなり、「欲望にまみれ」てしまったとも言える。だからその「経験」を真木たちがAIで補うことで、純粋で理想的な政治を行うことができる。確かにそうだ。しかし、ここで「大人」は反論せずにはいられない。「経験」は、人を腐敗させるものでしかないのだろうか。

「17才の帝国」の主は永遠に17才ではいられない。「黒くて大きな渦に飲み込まれないようにしないと」いずれ彼らも、彼らがなりたくなかった「大人」になってしまう時がくる。そんな危うさを内包するこの「帝国」は、何を生みだすのか。全5回という限られた時間、熱狂しつつ、注意深く見つめよう。未来に希望が持てない現代の日本を、より良くするためのヒントを探して。(藤原奈緒)

藤原奈緒

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加