広島の大瀬良、今季最短KO プロ野球

  • 時事通信社
  • 更新日:2022/09/23

広島の大瀬良は今季最短の2回KO。一回1死から近本、大山に連続適時二塁打を浴び、続く原口には2ランを左翼席に運ばれた。立ち上がりに打ち込まれ、「もちろん勝ちたい気持ちはあった。結果につながらず申し訳ない」と肩を落とした。

クライマックスシリーズ進出を争う中で手痛い敗戦となり、3年連続の負け越しも決まった。佐々岡監督は「最後まで諦めず、(残り)3試合勝つしかない」と言葉を絞り出した。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加