アーロン、日台共同制作ドラマ『路』出演「90年代の恋愛はストーリー性があった」

アーロン、日台共同制作ドラマ『路』出演「90年代の恋愛はストーリー性があった」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/05/22
No image

土曜ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』台湾の青年・エリックを演じるアーロン(C)NHK

NHK総合の土曜ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』(毎週土曜 後9:00、全3回)に出演するアーロン(炎亞綸)が、ドラマの見どころや日本の視聴者について、アンケート形式でコメントを寄せた。

【写真】ウエディングドレスを着た波瑠

同ドラマは、台湾新幹線プロジェクトの軌跡を縦糸に、日本と台湾の人々の「国境」と「時間」を越えた心の交流を詩情豊かに描いた吉田修一氏の小説『路(ルウ)』が原作。NHKと台湾の公共放送局・PTSで共同制作された。女優の波瑠が台湾新幹線の完成を目指して働きながらも、思い出の台湾人男性を探し続ける主人公・多田春香役で主演。春香が探す台湾人・エリックをアーロンが演じている。

――今回のドラマに参加した感想や、印象に残っているシーンなどありましたら教えてください。

【アーロン】僕は時代感のある作品に強くひかれます。なぜなら過去を懐かしく思い出すことができるからです。ある時代を再現するのは簡単なことではないですが、こだわって再現することが出来れば、皆さんの当時の記憶を蘇らせることができます。撮影の時、僕はまさに90年代の台湾をずっと思い出していました。

――印象に残っているシーンは?

【アーロン】やはり春香をスクーターに乗せて台北の街を案内するシーン です 。僕はあまりスクーターには乗らないけど、スクーターは僕にとってとても鮮明な小さい頃からの記憶です。スタッフたちはとても真剣に当時のスクーターを探してくれたので、おかげで僕もすぐに90年代の雰囲気に入れました。

――ドラマ『路』は日本と台湾の人々の切なくも温かな人間模様を描く物語です。原作や脚本を読まれて、アーロンさんご自身はどのようなご感想を持ちましたか?

【アーロン】このご時世で「助け合い」を大切にできることはとても貴重だと思います。感謝の気持ちがわからない人が少なくない時代ですからね。でもこの物語の背景に感じたのは高鐵(高鉄=台湾高速鉄道の略称)のために、そして地震の時に、助け合う気持ちと心はとても切実で強いということです。地震は良い思い出ではないけど、その後の助け合う気持ちは、今になっても日本と台湾の仲を刻み続けていると思います。

――日本での撮影もありましたが、撮影時の思い出・エピソードなどありましたら教えてください。

【アーロン】僕は日本が大好きで、毎年1、2回は行きますので、特別な感じではありませんでした。もう一つの大好きな家に帰った気分でうれしかったです。面白いと思ったのは、撮影は日本と台湾で行われたので、日本のスタッフも台湾に行き、台湾のスタッフも日本の現場に来たということです。現場でスタッフたちがお互いの言葉で簡単な会話をするのをよく見かけました。例えば、台湾スタッフが日本語で欲しいものを伝える、そして日本スタッフは中国語で答える。そのやりとりがかわいいなと思いました。

――日本の視聴者にメッセージをお願いします。

【アーロン】3話だけですが、台湾と日本の間の絆を深く、鮮やかに描いた物語だと思います。純粋な90年代、テクノロジーの急速な発展は始まったばかりでしたが、すべてに希望と活力があふれる時代でした。恋愛ももちろんです。当時の恋愛は現代よりもっとストーリー性があったと思います。僕たちが出演した『路~台湾エクスプレス~』を気に入っていただければ、応援していただければうれしいです。

■第2回(5月23日放送)あらすじ

台湾で8年ぶりの再会を果たした春香(波瑠)とエリック(アーロン)。春香の心はエリックへの断ち切れない思いと婚約者である繁之(大東駿介)への罪悪感との間ではげしく揺れ動く。一方、台湾新幹線プロジェクトは3年目を迎えていたが、技術面での折衝が難航し、スケジュールに遅れが生じ始めていた。安西(井浦新)は運転士や指令員の人材育成が急務と考え、日本での現場リーダー研修を提案するが…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
玉川徹氏、岡田晴恵氏擁する『モーニングショー』一人勝ちへの違和感
『ナイナイANN』収録も変わらぬライブ感 番組公式ツイッターが“実況”
「Nizi Project」ユナ、涙「最後のチャンス」の意味とは...“虹かけ”予告映像に反響
松井珠理奈の“激太り”に衝撃の声...「これ映しちゃあかんやつ」
アダルト産業に大きな転機、これからアダルト動画はどう変わっていくのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加