大阪ダービーは両者譲らずドロー。セレッソ先制もガンバPKで同点【J1第12節結果】

大阪ダービーは両者譲らずドロー。セレッソ先制もガンバPKで同点【J1第12節結果】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/05/02
No image

【写真:Getty Images】

明治安田生命J1リーグ第12節の試合が2日に各地で開催されている。15時キックオフのカードとしては2試合が行われた。

セレッソ大阪対ガンバ大阪の大阪ダービーは、緊急事態宣言下でリモートマッチ(無観客試合)として開催。前半からホームのC大阪が優位に試合を進めていく。

大久保嘉人や清武弘嗣などが決定機を迎えたが、G大阪はGK東口順昭の好セーブでゴールを許さず。前半終了間際には福田湧矢のブロックにハンドがあったとしてC大阪にPKが与えられたが、豊川雄太がゴール左隅を狙ったシュートはポスト内側を叩いてゴールライン手前に跳ね返った。

チャンスをゴールに繋げられずにいたC大阪だが、74分には待望の先制点。交代で投入された中島元彦がエリア左でボールを受け、右足で回転をかけたシュートを狙うと、井手口陽介に当たってコースを変えたボールがゴール右隅に収まった。

だがその数分後、加藤陸次樹のシュートブロックにハンドがあったと判定されて今度はG大阪がPKを獲得。パトリックがゴール左へ決めて同点に追いつき、そのまま1-1のドローに終わっている。

湘南ベルマーレ対北海道コンサドーレ札幌はスコアレスドローで終了。87分には湘南のタリクのオーバーヘッド弾が惜しくもクロスバーを叩くなど、両チームともゴールを奪えず勝ち点1を分け合う結果に終わった。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加