日本ハム・斎藤佑樹が今季2度目実戦登板で初失点も最速138キロ 前回から6キロ増

日本ハム・斎藤佑樹が今季2度目実戦登板で初失点も最速138キロ 前回から6キロ増

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/22
No image

今季2度目の実戦登板した斎藤佑

右肘靱帯(じんたい)断裂から再起を期す日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が21日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われたイースタン・ロッテ戦に登板した。今月12日に続く今季2度目の実戦で初失点。1回、19球を投げ1安打1失点、1四球の内容だった。

1点リードの七回に登板。先頭の高部を二ゴロに打ち取ったが、続く西巻にはフルカウントから四球。西巻に二盗を決められると、続く和田を二ゴロとしたが、2死三塁に。ここで小川に中前適時打を浴び失点した。それでも続く福田光は、初球で遊ゴロに仕留め、ずるずるとはいかなかった。

この日の斎藤佑の投球は変化球が主体。ボールが高めに浮く場面も多かったが、それでも直球は前回登板を6キロ上回る最速138キロをマーク。目標の1軍復帰に向け、また一歩前進した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加