大根の「お尻」を使うのにお勧めレシピ

  • 暮らしニスタ
  • 更新日:2023/01/25
No image

大根の「お尻」を使うのにお勧めレシピ

大根を半分に切った上の「頭」部分。

そして、下の「お尻」部分。

上の方が水分が多く甘いから食べやすい。

下の方は水分が少なく食べにくい。

同じ値段だったら、まず上の部分を買う!

下は何だか価値低め~。

なんて思っていませんか?

でもね、下の「お尻」部分を使うとより美味しくできる!

と思うレシピがあります!

▼材料

・ 大根:1/2本

・ A醤油:100cc

・ A酒:50cc

・ Aみりん:100cc

・ A砂糖:大1

・ 柚子果汁(またはレモン汁、酢):大3

・ 刻み昆布:10g

・ B柚子の皮(千切り):少々

・ B胡麻:少々

・ 糸唐辛子:少々

■1本買って残りがこうなると…

大根1本買って残りがこうなると、味噌汁や煮込み料理でささっと使い切るしかない?

早く食べ切ってしまいたい。

■お勧めレシピはこれ!【お漬物】ポリポリ美味しい~(^^)

大根の漬物を作る時、「お尻」部分は水分が少ないので、調味料が染みやすいのです。

皮ごと使って歯ごたえよく仕上げます。上の頭部分を使うより早く仕上がり、食感も良い。

①大根を皮ごと薄くいちょう切りする

②Aを鍋に入れて煮立たせアルコールを飛ばす。

火を止める。柚子果汁を加える。

③保存容器に大根と刻み昆布を入れる。2の調味液を加える。

粗熱を取る。Bを加え冷蔵庫で味を染み込ませる。

■冬は柚子果汁を使うと美味しい~♡

④お皿に盛り、お好みで糸唐辛子をかける。

■ コツ・ポイント

柚子果汁は火を止めてから加えます。

柚子がない季節はレモン果汁やお酢で代用してもOK。

辛味を出したい時は、糸唐辛子の代わりに③で輪切り唐辛子を加えると良いですね☆

調味料はお好みで加減してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加