第1滑走の三宅星南がSP2位「光栄でワクワクして臨めた」 全日本ジュニア選手権

第1滑走の三宅星南がSP2位「光栄でワクワクして臨めた」 全日本ジュニア選手権

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇フィギュアスケート全日本ジュニア選手権第2日(2020年11月22日 青森県八戸市・フラット八戸)

No image

<全日本ジュニアフィギュアスケート選手権第2日 男子ショートプログラム>演技する三宅星南

男子のショートプログラム(SP)が行われ、第1滑走だった三宅星南(18=関大)は75・28点で2位だった。有観客となった今大会の第1滑走だったが、冒頭のトリプルアクセルを決めて波に乗り「ロミオとジュリエット」を舞った。「(全日本ジュニアでは)1番滑走を初めて引いて、光栄でワクワクして臨めてよかった。ジャンプの詰まりはあったが、それ以外の要素を落ち着いて滑れた」と話した。

フリーに向けては「来年シニアに上がるので、自信を付けて上がりたい。自分の自信となるような演技ができれば」と言葉に力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加