NY市長 7.6%がコロナ陽性でリモート授業も検討

NY市長 7.6%がコロナ陽性でリモート授業も検討

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカで最初にオミクロン株の感染が広がったニューヨークでは、学校での対面授業にこだわってきた市長が、リモート授業も検討していると発言しました。

ニューヨーク市のアダムス市長は13日、オミクロン株の感染が拡大するなかで、一時的に公立校の授業をリモートで行うことも検討すると発言しました。

これまで市長は、パンデミックの初期のリモート授業は効果的でなかった、などとして対面授業を続ける方針を崩しませんでしたが、教職員組合の反対や感染を懸念する生徒の声に配慮した形です。

ニューヨーク市教育庁によると、12日に行った生徒への検査で7.6%が新型コロナの陽性反応を示しています。

11日には、市内の高校生がリモート授業の選択肢を求めるデモも行われました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2022

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加