さすがエースや! オリックス山本由伸復帰即8回0封!! 4勝目

さすがエースや! オリックス山本由伸復帰即8回0封!! 4勝目

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14
No image

オリックス・山本由伸は8回0封で4勝目=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

(パ・リーグ、オリックス1―0ロッテ、8回戦、ロッテ5勝3敗、14日、京セラ)エースが帰ってきた。先発したオリックス・山本が、8回をゼロ封。蓄積疲労を考慮され、中10日となったマウンドで、ハーラートップタイとなる4勝目をマークした。

「とにかく丁寧に、思い切っていこうと思っていました。いい入りができてよかったです」

立ち上がりから飛ばした。最速157キロの直球に鋭く落ちるフォーク、ブレーキの利いたカーブを織り交ぜ、得点を許さない。1─0の八回1死一、三塁のピンチでは、前夜にスクイズを決められていた佐藤都と対峙。「スクイズがあるかも。冷静に、低めに」と警戒を怠らず、最後はカーブで二ゴロ併殺に。快投を見せた右腕に、中嶋監督は「帰ってきてくれた」とうなずいた。

前回登板の3日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)ではプロ初の満塁弾を浴びるなどし、5回⅓を自己ワーストの7失点。その後、首脳陣は疲労回復を図り、出場選手登録を抹消。山本自身はコンディションの向上や状態の修正に取り組みつつも、「前回打たれたので、(次の登板まで)長く感じた」ともどかしい日々を送っていた。また、チームは吉田正や安達ら主力が相次いで新型コロナウイルスに感染し、戦線を離脱。エース不在の間、ナインは苦しい状況に陥った。

「抜けた穴をみんなでカバーしないといけない。苦しい状況のなかでも1勝でも多く勝って。(吉田)正尚さんとか安達さんとかが帰ってきたときに、チームは絶対にいい方向にいくと思う。いまいるメンバーで、この状況を粘って、いい結果につなげたい」

目指すリーグ連覇、日本一へ向けての踏ん張りどころ。エースがその力投で、窮地を打開していく。(西垣戸理大)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加