広島・大瀬良は5回3失点で降板 また勝てず遠い8勝目

広島・大瀬良は5回3失点で降板 また勝てず遠い8勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/05
No image

4回、ロハス(右)に2ランを浴びる大瀬良(撮影・立川洋一郎)

「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

先発した広島・大瀬良大地投手(31)が五回で降板した。4試合勝ち星から遠ざかっている右腕は5試合ぶりの白星を目指したが、5回3失点とビハインドの状況でマウンドを降り8勝目はならなかった。

初回1死から連打でピンチを招くと、4番・佐藤輝の左犠飛で先制点を献上。二、三回は無失点だったが、四回に追加点を許した。1死から5番・糸原に四球。その後2死一塁からロハスに右中間への2ランを浴びた。

味方が四回に2点をかえしたが、2-3の五回に打順が巡ると代打を送られた大瀬良。五回で球数は84球、4安打1奪三振でマウンドを降り、六回は2番手・ターリーが相手打線を無失点に封じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加