森七菜 高校時代の下積み奮闘...通勤10時間、マネ宅寝泊まり

森七菜 高校時代の下積み奮闘...通勤10時間、マネ宅寝泊まり

  • 女性自身
  • 更新日:2020/11/21
No image

すべての画像を見る

11月上旬の朝、東京近郊のレジャー施設。コーヒーカップに乗ってはしゃぐ笑顔のカップルがいた。森七菜(19)と仲野太賀(27)だ。森の主演ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の撮影だった。昼食時も森は楽しそうに女性マネージャーとお弁当を食べていた。

森といえば、NHK連続テレビ小説『エール』にも、主人公の妻・二階堂ふみ(26)の妹役で出演。存在感を見せつけている。

「大分在住だった森さんは中3のとき、お母さんと海鮮焼きの店に行ったときにスカウトされました。事務所に所属して1カ月半後のオーディションで行定勲監督作品のヒロイン役に抜擢。その後もドラマ『3年A組』(日本テレビ系)、映画『ラストレター』、劇場アニメ『天気の子』など話題作に続々と出演し、今、業界内では“オーディション荒らし”の異名も。『エール』でも本当はヒロイン役を受けたのですが、落選。その代わりに、今回の妹役のオファーがあったのです」(テレビ局関係者)

今春、高校を卒業するまで実家・大分で暮らしていた森。仕事が入る度に上京していたという。

「単身、片道5時間かけて通っていたそうです。東京での仕事が続く日は、女性マネージャーの家で寝泊まりすることもあったといいます」(前出・テレビ局関係者)

デビューから3年で女優として開花した森。今の仕事が楽しい理由を本人は率直にこう語っている。

《私、小学生の頃に両親が離婚して、お父さんとたまに旅行したりもするんですけど、やっぱり一緒に過ごす時間は少なくて。お母さんとも離れ離れの時間が長いし、満たされない気持ちというのがずっとあるんです。でも周りの大人の方たちがいっぱい愛をくれて》(CINRA.NET’20年1月15日)

前出のテレビ局関係者は言う。

「もともと大阪で暮らしていたのですが、離婚後、森さんはお母さんとともに大分へ。お父さんは料理人をしていると聞きました。多忙な森さんはなかなかお父さんとは会えないようで、定期的に電話しているそうです。彼女は元気がなくなるとお肉を食べたくなるらしく、お父さんに電話をして“おねだり”するそうです。太っ腹なお父さんは牛タンの塊肉を一気に7本も送って元気づけたこともあったといいます」

ふだん会えない父の“食材”エールが、森の元気の源のようだ。彼女の次の夢はやはり、朝ドラのヒロインになることだという。

「実は来春放送の朝ドラ『おかえりモネ』の最終選考の3人にまで残ったそうです。結果的に清原果耶さんが選ばれましたが、今回の二階堂さんとの共演で、自分に足りない部分を学べたそうです。『スタッフや視聴者の方から“安心して任せられる”と思ってもらえるような女優になりたい』と話していました」(NHK関係者)

この勢いで、朝ドラヒロインの座を射止める日も近いかも!

「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加