幕内・明生「一番の収穫」 合同稽古で大関・朝乃山から1勝

幕内・明生「一番の収穫」 合同稽古で大関・朝乃山から1勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

大相撲春場所(3月14日初日、両国国技館)に向けた合同稽古2日目が21日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、初場所で初日から5連勝するなど優勝争いに加わった幕内・明生(25=立浪部屋)が精力的に21番をこなした。

No image

合同稽古2日目、朝乃山(右)に胸を出してもらう明生

大関の朝乃山には2日連続で相手に指名され、この日もはたき込みで1勝するなど善戦。「大関と相撲が取れるのが一番の収穫。一番でも勝てれば(今後に)つながる」と充実の汗をぬぐった。

昨年12月の合同稽古は部屋で新型コロナウイルスの集団感染が発生したために参加を断念しており「今は相撲を取る稽古ができている」と変化を強調。稽古はライブ配信されており「巡業もないので、ファンの方にも楽しんでもらえれば」と笑顔だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加