NHK朝ドラ「ちむどんどん」東京の店は矢作(井之脇海)が継ぐ!視聴者涙「人として成長してる感じが伝わってくる」「よかった~」

NHK朝ドラ「ちむどんどん」東京の店は矢作(井之脇海)が継ぐ!視聴者涙「人として成長してる感じが伝わってくる」「よかった~」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

井之脇海

故郷の沖縄料理に夢をかけるヒロインとその兄妹らの家族愛を描くNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・0)の第120回が23日、放送された。

※以下、ネタバレあり。

暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)と健彦(三田一颯)と家族三人で、沖縄やんばるへの移住を決意した。やがて東京を去る日が近づき、暢子の店『沖縄料理ちむどんどん』で送別会が開かれる。三郎(片岡鶴太郎)をはじめ、長年暢子を見守ってきた人たちがそれぞれ思い出を語り、はなむけの言葉を贈る・・・。しかし、そこにフォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)の姿はなかった。

暢子の店は矢作(井之脇海)が継ぐことに決まった。送別会で矢作があいさつ。「このちむどんどんは俺が引き継ぐことになりました。俺は ずっと料理人として一旗揚げることや世間体にこだわってバカなこともたくさんしてきました。だけどこの店で働いてもう一度自分の店を持つという夢を持てた。これから先この店をずっと守り暢子や皆さんに恩返しできたらと。皆さんどうかよろしくお願いします」と頭を下げた。

二ツ橋から「重たい荷物ようやく下ろせそうですね」と声をかけられると、「いえ、また新しいでかい荷物をしょいこんだ気分です」。その言葉とは裏腹に、穏やかで、晴れやかな表情だった。

紆余曲折ありながらも大きく成長した矢作に対し、視聴者からはSNSなどで「矢作先輩。よかった~」「いい顔するようになったなぁ」「人として成長してる感じが伝わってくる」「矢作さんの言葉に涙が」「自分のことを内省し、皆に感謝の気持ちを伝えられる矢作くん。この矢作くんなら、新しい自分の舟を潰すことは無いだろうね」などの声が挙がった。

朝ドラ通算106作目となる今作は、本土復帰から50年の節目を迎える沖縄が舞台のオリジナル作品で、「ちむどんどん」は「心がわくわく、ドキドキする」という意味の方言。女優の黒島結菜がヒロイン・暢子を演じ、脚本は「マッサン」の羽原大介氏、語りはタレントのジョン・カビラが務める。主題歌は沖縄県出身の歌手、三浦大知が今作のために書き下ろしたオリジナル曲「燦燦(さんさん)」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加