田中真弓、『ONE PIECE』25年の歴史に「ここまで続くと誰が思ったでしょうか」

田中真弓、『ONE PIECE』25年の歴史に「ここまで続くと誰が思ったでしょうか」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/08/06
No image

田中真弓が映画「ONE PIECE FILM RED」初日舞台あいさつに登壇した / 撮影=山田健史

【写真】田中真弓の言葉に感激するウタ役・名塚佳織…涙を流す一幕も

映画「ONE PIECE FILM RED」初日舞台あいさつが8月6日、都内にて開催。主人公・ルフィ役の田中真弓、ウタ役の名塚佳織、シャンクス役の池田秀一、谷口悟朗監督が登壇した。

1997年より週刊少年ジャンプにて連載開始した超人気コミック「ONE PIECE」。連載25周年のアニバーサリーイヤーに公開する劇場版最新作「ONE PIECE FILM RED」の総合プロデューサーは、原作者である尾田栄一郎が務める。

「海賊王に俺はなる!」とルフィの声であいさつして会場を盛り上げた田中は、「25年前、ここまで続くと誰が思ったでしょうか」と作品の歴史にしみじみ。

続けて「ここまで続くと、たぶん(原作者の)尾田っちも思っていなかったんでしょうか」とした上で、「友達にも『真弓はいいよね、ONE PIECEはずっと人気じゃない』って言われるんですけど、結構危ない時もあったんですよみなさん!」と声をあげる。

田中は「覚えておいでですか?だって水曜日から日曜日の夜に引っ越して、また日曜日の朝に引っ越ししたの。それはなぜですか!考えてください」とTVアニメ版の放送日の変遷を振り返り、「いろんなことがあるなかですよ。本当にありがとうございます。感慨もひとしおでございます」と改めて現在の「ONE PIECE」の人気ぶりをかみ締めた。

また池田が演じるシャンクスを「いつだってシャンクスはかっこいい!」と絶賛。観客の拍手を受け、「なんか一言さ、この映画じゃなくてもいいからさ、池田さん。『この戦争を終わらせに来た』って言って!」と池田に原作内の名ぜりふをリクエストした。

池田は「ずいぶん昔の話ですよね」と戸惑いながらも、「この戦争を終わらせに来た!」と力強く発声。会場には「おぉ」とどよめきが広がったが、田中は「そんなに圧はなかったと思う」と不満げ。

池田は「こんなとこでダメ出しされると思わなかった」と笑いを誘いつつ、少し落ち着いたトーンで同じせりふを繰り返す。拍手が巻き起こると、田中は「いただきました。ごちそうさまでした」と笑顔を浮かべていた。

◆取材・文=山田健史

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加