「冬もできる範囲で捜索続けていきたい」...知床観光船沈没 海保と道警が"集中捜索" いまだ6人行方不明

「冬もできる範囲で捜索続けていきたい」...知床観光船沈没 海保と道警が"集中捜索" いまだ6人行方不明

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道・知床沖で起きた観光船の沈没事故の行方不明者を探すため、海上保安庁と北海道警察は、11月25日から集中捜索を行います。2022年4月23日、知床沖で起きた観光船「KAZU1(カズワン)」の沈没事故では、これまでに20人が死亡し、6人の行方がいまだわかっていません。25日から始まる集中捜索には、海保と道警の潜水士あわせて8人が参加しました。25日朝、網走港を船で出発した捜索隊は、知床半島の文吉港から啓吉湾付近の沿岸を歩きながら行方不明者の手がかりがないか探すほか、海中での捜索も行う予定です。集中捜索は26日までの予定で、海保は冬もできる範囲で捜索を続けていきたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加