温帯低気圧に変わっても油断禁物 17日(金)は九州北部で暴風の恐れも

温帯低気圧に変わっても油断禁物 17日(金)は九州北部で暴風の恐れも

  • tenki.jp
  • 更新日:2021/09/15
No image

台風14号が、あさって17日(金)に温帯低気圧に変わりながら対馬海峡を通過する見込みです。台風が温帯低気圧に変わっても勢力が弱まるわけではないため、油断は禁物です。むしろ強い風のエリアが広がり、17日(金)は九州の広い範囲で荒れた天気となる恐れがあります。九州北部では暴風が吹き、大しけとなる所もあるでしょう。また、台風14号本体の雨雲の通過や、台風14号に向かって流れ込む湿った空気の影響で活発な雨雲がかかり、局地的に雨量が多くなる恐れも。17日(金)にかけて土砂災害にも警戒が必要です。

台風14号 あす16日(木)にかけて動き遅く 九州付近には秋雨前線が停滞

No image

きょう15日(水)からあす16日(木)にかけて、台風14号は東シナ海北部で動きが遅い状態が続きます。一方で、九州付近には秋雨前線が停滞。台風周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込むため、九州は大気の不安定な状態が続く見込みです。

大気不安定 土砂災害や落雷、突風などに注意を

No image

九州は、秋雨前線や台風14号周辺の湿った空気の影響で、大気の不安定な状態が続いています。きょう15日(水)は、九州のすぐ西の海上に台風14号の外側を取り巻く活発な雨雲も広がってきました。あす16日(木)にかけて九州では、晴れ間が出たり、急に雷を伴った強い雨が降ったりと、大変変わりやすい天気が続く見込みです。発達した積乱雲に伴う急な強い雨や落雷、突風にご注意下さい。また、九州南部を中心に、13日(月)からの大雨で地盤が緩んでいる所もあるため、土砂災害にも十分注意をして下さい。

17日(金)は九州北部中心に荒天 対馬海峡沿岸部では暴風・高波に警戒を

台風14号は、あす16日(木)の夜は次第に北へと進んで、朝鮮半島の南西海上に位置する済州(チェジュ)島に接近。その後は次第に向きを東寄りに変え、17日(金)は対馬海峡へと進んで、次第に温帯低気圧に変わる見込みです。台風が温帯低気圧に変わると、むしろ強い風が吹くエリアが広がる傾向があり、17日(金)は九州各地で荒れた天気となる恐れがあります。特に、長崎県や佐賀県、福岡県では、対馬海峡の沿岸部を中心に暴風が吹き、大しけとなる恐れもあるため、暴風や高波に警戒が必要です。飛びやすいものを家の中にしまうなど、台風への備えは、あす16日(木)までの間に済ませておきましょう。また、17日(金)は台風14号や、台風14号から変わる低気圧の活発な雨雲の通過で、激しい雨が降る所も多くなりそうです。土砂災害への警戒も必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加