Twitter、記事投稿機能「Notes」試験中 ブログサービスの新勢力となるか

Twitter、記事投稿機能「Notes」試験中 ブログサービスの新勢力となるか

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2022/06/25
No image

米Twitterが、記事作成・投稿機能「Twitter Notes」のテストを6月23日(木)に開始したことを発表した。

【画像をもっと見る】

「Twitter Notes」は、全角で140文字・半角で280文字というツイートの文字数上限(執筆現在)を超える長文が投稿できる機能。

Twitter Writeが投稿したGIF画像によれば、テキストの他にも画像やGIF画像、ツイートを埋め込むことができる。ヘッダー画像も設定可能。

A small group of writers are helping us test Notes. They can be read on and off Twitter, by people in most countries. pic.twitter.com/IUVVkr2vnl
— Twitter Write (@TwitterWrite)
June 22, 2022
from Twitter

なお、執筆現在日本のTwitterでは利用できない。

「Twitter Notes」は何ができる? GIF動画から考察

No image

「Write」をクリック

「Twitter Notes」は、ブラウザ版の左メニューにある「Write」から作成。

No image

記事管理画面のUIに「Draft」「Published」という文言があることから考えると、下書き保存機能がある模様。

また、記事作成画面のUIの「(太い)B」「(斜めの)I」「(横線が引かれた)S」から、太字・斜線・取り消し線といった文字装飾ができる。

「Body」という文字があるということは、テキストを本文と見出しでサイズ変更可能なのだろうか。箇条書きや番号付きリスト、ハイパーリンクも設定できそうだ。

執筆現在「TwitterNote」を日本から読むことはできず

note(ノート)をはじめ、様々な記事投稿プラットフォームが親しまれている昨今。Twitter Notesは、果たしてどのような使われ方をしていくのだろうか。

Twitter Writeによれば、現在一部のライターにテスト協力をしてもらっているという。

また「They can be read on and off Twitter, by people in most countries(筆者約:Twitterでも以外でも、ほとんどの国の人が読むことができる)」としているが、執筆現在、日本から読むことはできない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加