ガルマ戦死の報を受けたザビ家。国葬を提案するギレンの狙いは...?/機動戦士ガンダム THE ORIGIN13

ガルマ戦死の報を受けたザビ家。国葬を提案するギレンの狙いは...?/機動戦士ガンダム THE ORIGIN13

  • ダ・ヴィンチWeb(マンガ)
  • 更新日:2022/06/23

漫画:安彦良和、原案:矢立肇、富野由悠季、メカニックデザイン:大河原邦男のコミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』1~5巻から、厳選して全15回連載でお届けします。現在もファンを生み続ける「ガンダム」シリーズの原点にして、日本アニメ界の金字塔であるアニメ『機動戦士ガンダム』。本書はアニメでキャラクターデザインを手がけた安彦氏による、オリジナル解釈を加えたコミカライズです。大河原邦男氏によってブラッシュアップされたモビルスーツデザインも見どころです。舞台は宇宙世紀0079年、スペースコロニー・サイド3が「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に対し独立戦争を挑む。ジオン公国と地球連邦軍との戦いが激化する中、偶然にもガンダムのパイロットとなった15歳のアムロ・レイ。彼を中心に描かれる、後に「一年戦争」と呼ばれる戦いの行方は……。ホワイトベース隊の襲撃に失敗し、ジオン軍は公王デギンの子息であるガルマを失った。消沈するデギンに、ギレンは冷静に国葬として戦意高揚に利用することを提案した。一方、ホワイトベース隊は連邦軍からの補給を受け、これまでの連戦の消耗をどうにか回復させるのだった。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を最初から読む

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

<第14回に続く>

ダ・ヴィンチWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加