【連載】リビングが狭くてストレス...。そのお悩み、間取りの交換で解決しましょう!

【連載】リビングが狭くてストレス...。そのお悩み、間取りの交換で解決しましょう!

  • folk
  • 更新日:2020/08/02

リビングが狭くて、ストレス

在宅勤務や自粛生活が増え、リビングに家族がいる時間がふえました。しかし、リビングが狭くて、ストレスを感じていませんか?家が狭いから、無理!とあきらめる前に、試してもらいたいことがあります。今回は、いまの間取りを交換するだけで、広くて動きやすいリビングにする “目からうろこの家具レイアウト” について、ご紹介いたします。

間取りに多い、「田の字型」の家具レイアウト

No image

出典:https://folk-media.com/

日本の住宅の間取りは、3LDKから4LDKが一般的です。上図の間取りは4LDK戸建ての2階の様子です。このような間取りは、「田の字型間取り」といわれ、マンションにもたいへん多い間取りです。

No image

出典:https://folk-media.com/

この「田の字型間取り」ですが、子どもが小さいときは、上図のように、下の部屋を洋室として、リビング学習などをさせることができます。

ダイニング家具とリビング家具、どちらが大きい?

No image

出典:https://folk-media.com/

また、リビング学習を必要としない年齢になったときは、上図のように、2部屋を可動間仕切りでつながった1つのLDとして使うこともできます。この2部屋を1つのLDとして使う場合、多くの方は図のように、キッチンの横にダイニング家具をレイアウトします。ここで質問ですが、リビング家具、ダイニング家具、どちらが大きいと思いますか?リビング家具、ダイニング家具の大きさは、家族構成により変わってきますが、一般的な4人家族の場合、よほど大きなダイニングテーブルを置かない限り、ソファーなどのリビング家具の方が大きくなりがちです。そして、より大きなリビング家具は、より大きい空間にレイアウトしなければいけません。

No image

出典:https://folk-media.com/

多くの「田の字型間取り」の場合、上図のように、リビング空間よりダイニング空間が広くなっています。そのため、より大きな場所を必要とするリビング家具をより大きなダイニング空間に間取りを交換してレイアウトすれば、お部屋が広く使えるようになるのです。

リビングとダイニングを入れ替えすると、お部屋が広くなる!

ビフォーの家具レイアウト

No image

出典:https://folk-media.com/

リビングがかなり窮屈ですね。その他にも、バルコニーへ向かう矢印で表した動線が、ソファーで阻害されているため、大変動きにくい家具レイアウトになっています。そこで、リビング家具をダイニングへ、そしてダイニング家具をリビングへ、間取りを入れ替えて、家具をレイアウトしてみました。

アフターの家具レイアウト

No image

出典:https://folk-media.com/

リビング家具は、広いダイニングの中心にレイアウトしたため、ゆったり広いリビングになりました。

アフターの様子

No image

出典:https://folk-media.com/

すこし大き目な4人掛けダイニングテーブルは壁に寄せてレイアウトし、バルコニーへの動線を確保しました。

アフターの様子

No image

出典:https://folk-media.com/

このレイアウトにより、ダイニングテーブルは、キッチンより少しだけ遠くなります。しかし、お部屋の中心も広くなったため、動きやすく、またお部屋が広く見えるようになります。

家具のレイアウトを見直そう

間取りの使い方で、お部屋は、広くも狭くもなります。おうち時間を快適にするためにも、家具のレイアウトを見直してみてはいかがでしょうか。

しかまのりこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加