UFOみたいに浮遊する!?「フライングボール」5製品比較。楽しく遊べるのはどれ?

UFOみたいに浮遊する!?「フライングボール」5製品比較。楽しく遊べるのはどれ?

  • 360LiFE
  • 更新日:2022/09/23
No image

まるでUFOみたいにふわふわ空中を浮遊するおもちゃ「フライングボール」。Amazonなどで比較的手ごろな値段で手に入るのですが、そもそもちゃんと飛ぶのか気になるところ。5製品を比較検証して、大人も楽しく遊べるおすすめを探しました。

UFOみたいに浮くおもちゃ「フライングボール」とは?

No image

空中を浮遊するおもちゃ、「フライングボール」をご存じでしょうか。

簡単にいうと、センサーが内蔵されたボール型の小型ドローンのようなもの。USBで充電して手に乗せて放れば、自動で動きをコントロールして浮遊するという不思議な製品です。

No image

アマゾンで見てみると、商品数は豊富。どの製品も中華製の謎アイテムにありがちな「Googleの自動生成パスワードみたいな謎メーカー名」「やたら長い製品名」「謎日本語」が多く見受けられ、なんだか冒険心をかき立てられます!

5つの製品を検証しました

No image

今回は5製品をピックアップし、購入してみました。

検証前の感想としては、全般的にちゃちな印象です。これで落下の衝撃に耐えられるのか?と不安になりました。

また、これまた中華製の謎アイテムでよくあることですが、販売者が違うだけで届いた製品は一緒だったという事態も発生(Amazonあるあるですね)。

さらに、このあとそれぞれの検証結果を紹介しますが、個体差なのかほぼ浮遊しないものもありました。

ということで、5製品を「遊びやすさ」「楽しさ」をポイントに比較しました。それでは高評価だった順に紹介します。

HAUSPROFI「ミニ ドローン」

No image

HAUSPROFI
ミニ ドローン
実勢価格:2299円
サイズ:W9.5×D9.5cm
重さ:24g

▼テスト結果

遊びやすさ:◎
楽しさ  :◎

S評価を獲得し、ベストバイとなったのはHAUSPROFI「ミニ ドローン」です。

フワフワしたUFOみたいな、いわゆる浮遊感のある飛行が楽しめて、飛行という点ではダントツ。センサーの感度がよく、障害物への衝突も少なく、ぶつかってもフワフワした動きなのでダメージが少ないです。

No image

中心部分が光ります。明るさも十分です。

遊びやすさ:◎

No image

手に乗せて、真上にポーンと投げれば飛行。止めるときは捕まえて逆さにします。反応も良好でした。

楽しさ:◎

センサー感度がよく、手を近づけると反応し、一定の距離を保って飛行を続けます。それを利用して人に投げたり、高くまで飛ばしたりすることも可能。

飛んでるのをテキトーに追いかけ回すだけでも楽しかったです。ただし、動きが予測不能で本体が軽いのと、法律的に屋外での使用はやめておいたほうが無難。高さのある部屋で遊ぶのがおすすめです。

Gimama「フライングボール」

No image

Gimama
フライングボール
実勢価格:3377円
サイズ:W9×D9×H9cm
重さ:26g

▼テスト結果

遊びやすさ:○
楽しさ  :○

続いて高評価だったのは、A評価のGimama「フライングボール」です。飛行を楽しむというより、投げて遊ぶならこちらがおすすめ。

あまり浮遊はせず、手に乗せて放るとポーンと上にゆっくり跳ねるだけなんですが、つかんで水平方向に投げるとブーンと水平状態で浮遊したまま、投げた方向に飛んでいきます。キャッチボール的な遊び方で使うのにぴったりです。

No image

回転すると光の帯が発生します。

遊びやすさ:○

No image

UPと書いてある側を上にしてつかみ、振ると回転開始。回転停止も同じ動作です。

楽しさ:○

UPと書いてある側を水平にして投げると、その方向に結構なスピードで飛びます。2人で遊ぶならアリかも。スピードがあるので、間違って髪を挟まないように注意しましょう。

lvtivfu「フライボール」

No image

lvtivfu
フライボール
実勢価格:2999円
サイズ:W9×D9×H9cm
重さ:26g
※楽天は色違いの商品です

▼テスト結果

遊びやすさ:○
楽しさ  :○

同じくA評価だったのが、lvtivfu「フライボール」です。ひとつ前に紹介したGimama「フライングボール」と違う箱に入っていますが、見た目からわかるようにおそらく同じ製品の色違いです。

なのでこちらも飛行を楽しむより、キャッチボール向き。慣れればブーメラン的な遊び方もできるそうです。

No image

Gimama「フライングボール」とほぼ同じ光り方です。

遊びやすさ:○

No image

上下をつかんで振ります(Gimama「フライングボール」と一緒)。回転時の音がうるさいような気がしましたが、個体差かもしれません。

楽しさ:○

こちらもGimama「フライングボール」とほぼ同じ。飛行は竹とんぼみたいに、上にブーンと上がってゆっくり下がってくる感じです。

lvtivfu「フライボール」もGimama「フライングボール」も、遊ぶときは室内にしましょう。ただし、そこそこのスペースが必要なので、一般家庭ではポテンシャルを発揮できないかもしれません。また、球形なので地面に落ちたときにダーッと転がるのも難点かも。

FLYNOVA「ミニUFOドローン」

No image

FLYNOVA
ミニUFOドローン
実勢価格:2299円
サイズ:W8×H4cm
重さ:60g

▼テスト結果

遊びやすさ:○
楽しさ  :△

FLYNOVA「ミニUFOドローン」はB評価です。飛行性能はイマイチで、ボール的な遊び方も難しい印象でした。

ただし小型なので、小さい部屋でも遊びたいならこれくらいのサイズが適しているかもしれません。

No image

光り方は、回ると円状の帯ができます。

遊びやすさ:○

No image

上下をつかんで斜め横に振ると作動。指2本で持てるのでラクですが、勢いで落とさないように気をつけましょう。

楽しさ:△

上向きにそっと放れば竹とんぼ的な感じで浮遊しますが、小型ゆえに浮力が足りないのか、飛ばしづらいです。

BOMPOW「ミニ ドローン」

No image

BOMPOW
ミニ ドローン
実勢価格:2469円
サイズ:W9.5×D9.5cm
重さ:24g

▼テスト結果

遊びやすさ:○
楽しさ  :△

BOMPOW「ミニ ドローン」もB評価です。ベストバイのHAUSPROFI「ミニ ドローン」と色違いの製品なのですが(販売者は別)、ハズレ個体を購入したのか、うまく動かない結果に。

ザンネンですが、こういうこともたまにありますね。

No image

HAUSPROFI「ミニ ドローン」と同じ光り方です。

遊びやすさ:○

No image

HAUSPROFI「ミニ ドローン」と同じ方法で遊べるはずですが、肝心の飛行がうまくいきませんでした。

楽しさ:△

何度挑戦しても、一瞬ブンと浮かんだのちにすぐに落下。充電が満タンの状態でも変わりませんでした。

【まとめ】浮遊を楽しむならHAUSPROFI「ミニ ドローン」!

No image

5製品を検証したところ、一製品を除いてほぼ正常に稼働し、地面に落ちても故障もありませんでした。

そして、UFOみたいな動きをするのはベストバイのHAUSPROFI「ミニ ドローン」のみでした。フワフワと浮遊感ある飛行を楽しみたいならおすすめです。

遊んでいてわかったのは、予測不能な動きなので、追いかけるだけでけっこう楽しいということ。ただし軽いので、屋外だと風でうまく飛ばないなどトラブルの元になるので、屋内で使用しましょう。

また、光るので暗い部屋で遊びたくなりますが、着地したときに行方不明になる確率が上がるので注意が必要です。

以上をふまえて、楽しく遊びましょう!

おもちゃの売れ筋ランキングもチェック!

おもちゃのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加