「実費でPCR検査」最も多いのは10代男性 価格設定に不満の声も

「実費でPCR検査」最も多いのは10代男性 価格設定に不満の声も

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/17

新型コロナウイルスに感染しているかどうか判断するには、PCR検査を受ける必要がある。しかし自費診療では高額のため、気軽に受けられないのがデメリットといえるだろう。

画像をもっと見る

■「実費でPCR検査」1割弱

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の6.2%が「実費でPCR検査を受けた経験がある」と回答した。

No image

関連記事:カズレーザー、自費でPCR検査を受診 かかった費用に驚きの声続出

■症状が出ていないため

性年代別では、10代男性が一番高い割合になっている。

No image

しかし、全体的にも少ない印象である。

「PCR検査は、症状が出た人のためにあるものだと考えている。これまでのところ咳や発熱はないので、PCR検査を受けようと考えたことはない」(30代・男性)

「テレビで帰省するため、自費でPCR検査を受けた人の話を取り上げていた。そこまで徹底するのはすばらしいと思うけれど、自分自身では受けようと思わない」(40代・男性)

■PCR検査が高額のために

自費診療でのPCR検査は、1回3万円前後と高額である。

「家に高齢の親もいるので、本当は定期的にPCR検査を受けておきたいとは思う。しかし実費では料金があまりにも高すぎるので、一度さえも受けるのをためらう」(30代・男性)

「比較的、人が集まるところに行ったので、念のためにPCR検査を受けたいと思った。しかしネットで見ていたら料金があまりに高いために、受けるのは諦めた」(30代・女性)

■格安のPCR検査

ソフトバンクグループが企業を対象に、格安でPCR検査を受けられるサービスを開始して話題になっている。

「ソフトバンクグループが発表した、1回2,000円のPCR検査はかなり画期的だと思う。今は企業向けのサービスだけど、早く個人で受けられるようになればいいと考えている」(20代・男性)

「これからコロナと共存していくためには、こまめなPCR検査が欠かせないと思う。そのためには、安い価格で受けられるサービスがもっと増えてきてほしい」(30代・女性)

手軽にPCR検査を受けることができるサービスが、これから増えていくかもしれない。

・合わせて読みたい→爆問・田中、生放送にリモート出演 コロナ感染の妻・山口もえの現状を語る

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加