球がカート道の“ちょうど真ん中”に止まった。左右どっちに出してもいいんだよね? 【これだけゴルフルール】

球がカート道の“ちょうど真ん中”に止まった。左右どっちに出してもいいんだよね? 【これだけゴルフルール】

  • Myゴルフダイジェスト
  • 更新日:2022/05/14

2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は、カート道などの「異常なコース状態」に関するルールの疑問をQ&A形式でご紹介!

No image

球がカート道のちょうど真ん中に止まったら?

ティーショットが左に曲がり、球がカート道のちょうど真ん中に止まった。カート道の左はライが悪く、前方に木があるのでグリーンを狙いにくい。できればカート道の右側にドロップしたいところだが、この場合、どちらにドロップすればいいのか。どちらでも好きなほうにドロップしていい、と思う人も少なくないかもしれないが、正解は「カート道の左側」(右打ちの人の場合)。

カート道などの異常なコース状態から救済を受けてドロップする際には、必ず「完全な救済のニヤレストポイント」を設定する必要がある。「二ヤレストポイント」とは、文字通り元の球から一番近い地点を指すが、この場合、“完全な救済”を受けられる最も近い地点である必要がある。球がカート道の外であっても、その球にアドレスしたときに足がカート道の上にある場合、それは“完全な救済”を受けたとは言えないのだ。

幅2mのカート道のちょうど真ん中にボールが止まっているとすれば、カート道の左側のニヤレストポイントは1mちょっと。一方カート道の右側にニヤレストポイントを設定しようとすると、スタンスがカートにかからないようにするため、2m近く球を動かさなければならない。したがって完全な救済を受けられるニヤレストポイントはカート道の左側になるというわけだ。打ちやすいほうに出せばいいというわけではないので、厳密なコンペや競技に出るときは注意しよう。

ニヤレストポイントを設定したら、そこからピンに近づかず、1クラブの範囲にドロップすれば救済は完了となる。

ちなみに球がカート道の上に止まっていなくても、スタンスがカート道にかかる場合、救済を受けることができる。もちろんそのまま打ってもいいが、上手くいけばラフからフェアウェイに出せるケースもあるので、積極的に活用しよう。

梅雨に入ると水たまりなど、カート道以外にも「異常なコース状態」に球が止まるケースが多くなる。上記以外にも、異常なコース状態からの救済に関するルールの疑問を『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋して紹介。いま一度おさらいしよう。

Q. 救済を受けられる「異常なコース状態」とはどんなもの?

A. 修理地や水たまり、動物の堀った穴など(規則16.1)

青杭や白いラインなどで標示された修理地、一時的にたまった水(水たまり)、動物の掘った穴などが該当する。カート道や排水溝などの動かせない障害物もこれに含まれる。

Q. バンカー内の水たまりに球が入ってしまったら?

A. バンカー内なら罰なし。外に出すなら1罰打で救済を受けられる(規則16.1)

バンカー内の球の救済については2つの選択肢がある。
●罰なしの救済……完全な救済のニヤレストポイントを決定し、1クラブレングス以内でホールに近づかず、障害が避けられるそのバンカー内にドロップ。
●1罰打の救済……球とホールを結ぶ線上でそのバンカーの外の後方延長線上に基点を決める(後方に下がるぶんにはどれだけ離れても良い)。その基点から1クラブレングスでホールに近づかない救済エリアに球をドロップ。

Q. スタンスが「目的外グリーン」にかかる場合はどうすればいい?

A. 必ず救済を受けなければならない(規則13.1f)

目的外グリーン(いわゆるサブグリーン)がプレーの障害となっている場合、球をあるがままに打つことは認められず、必ず罰なしの救済を受けなければならない(そのまま打つと2罰打)。目的外グリーン上に球が乗っている場合だけでなく、スタンスが目的外グリーンにかかる場合も、「目的外グリーンによる障害がある」とみなされ、救済を受ける必要がある。

Myゴルフダイジェスト有料会員になると スマホでいつでもルールが確認できる!

No image

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

「これだけゴルフルール」バックナンバー

Myゴルフダイジェスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加