中川翔子が術後報告「後遺症なく大成功な手術をしてくださったゴッドハンド先生に感謝」

中川翔子が術後報告「後遺症なく大成功な手術をしてくださったゴッドハンド先生に感謝」

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

中川翔子(2022年8月撮影)

タレントで歌手の中川翔子が25日、ツイッターを更新。「しこり」の除去手術に声援を送ってくれたフォロワーとファンに感謝した。

病院のベッドとみられるところに寝転がり、口をパクパクさせる動画を投稿。耳元にはスヌーピーのぬいぐるみが置いてあった。「たくさんの方から心配やはげましのメッセージ、本当にありがとうございます!心に染み渡っています 後遺症なく大成功な手術をしてくださったゴッドハンド先生。 お世話してくださる看護師のみなさまに感謝! 考えたくなかったけど芸能人生と今後の人生かかってた。もう大丈夫だ! お風呂入れない」と投稿。

同ツイートには「手術大成功おめでとうございます。只々無事帰還を祈ってました。早く復活をなど無理は言わないので焦らずゆっくりご養生下さい」「手術が無事に終わりお元気そうで何よりです。あとは時間が薬です。僕なんて全身麻酔の大手術3回の猛者だけど、しょこたんパワーで乗り切りました。だから今度は僕がしょこたんにフォースを送ります」などのコメントが寄せられていた。

中川は23日夜、YouTubeチャンネルにアップした動画で、検査で見つかったしこりを取る手術のため24日から1週間程度入院することを報告。しこりが出来た箇所など詳細は明かしていないが、「全然、深刻なことでもないので大丈夫ですよ。良きヤツだったんで」としていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加