黄金世代の喜びと苦悩。稀代のテクニシャンは鹿島のリーグ3連覇で全盛期を迎える【本山雅志の生き様:前編】

黄金世代の喜びと苦悩。稀代のテクニシャンは鹿島のリーグ3連覇で全盛期を迎える【本山雅志の生き様:前編】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2023/11/21
No image

鹿島のリーグ3連覇に大きく貢献。SBでもプレーとマルチな才能でチームを支えた。(C)SOCCER DIGEST

No image

W杯出場は果たせなかったが、日本代表でも印象的なプレーで観客をわかせた。(C)SOCCER DIGEST

No image

11月19日に引退試合「モトフェス」を実施。多くの名手が駆けつけた。写真:福冨倖希

2002~15年まで常勝軍団・鹿島アントラーズの背番号10をつけ、数々のタイトル獲得に貢献してきた本山雅志。今年4月に現役引退を発表し、7月から鹿島のアカデミースカウトとして活動している44歳のレジェンドが11月19日、鹿島スタジアムで引退試合に臨んだ。
【厳選PHOTO】小野、内田、ジーコら豪華レジェンドが集結!聖地カシマスタジアムでラストダンス!本山雅志の引退試合
ジーコや奥野僚右、柳沢敦、中田浩二、内田篤人ら数々の鹿島OBや小野伸二(札幌)、稲本潤一(南葛SC)ら黄金世代の面々が一堂に会するなか、本山はハットトリックを達成。決定機を3度逃し、会場を笑わせる一幕もあったが、それも含めて、彼は自身のモットーである「サッカーを楽しむ」というマインドを最後まで身体いっぱいに表現し続けた。

本山という選手は、東福岡高時代から「常に笑顔で楽しくボールを蹴るサッカー小僧」という印象が強かった。線の細い技巧派が切れ味鋭いカミソリドリブルで大柄な敵をキリキリ舞いしていく姿は、観る者を釘付けにした。98年1月8日の帝京高との「雪の選手権決勝」でも、背番号10は高度な技術で異彩を放っていた。

卓越したスキルとアイデア、遊び心あるプレーに魅了されたJリーグ関係者は少なくなかった。特に熱心だったのが、鹿島の平野勝哉スカウトだ。東福岡詣を続け、本山の獲得に成功する。
同年の鹿島は小笠原満男、中田、曽ケ端準ら6人もの高卒新人を入団させたが、それも彼らをクラブの中核に育てたいというビジョンがあってこそ。特に本山への期待値は大だった。

その才能は、プロ2年目の99年4月のU-20ワールドユース(現U-20W杯)で大きく開花する。日本は準優勝を果たし、本山は小野とともにベストイレブンに選出。国内外からの注目度も一気に高まった。

「僕らの世代はみんな上手くて、速く強かった。伸二は真似できないようなレベルだったし、イナ(稲本)はプレスのかけ方が凄い。満男はキックの種類が豊富だった。タカ(高原直泰)はドリブルが上手かったし、相手の取れないところにボールをトラップするのも得意でした。足もとに置くのか、少し離したところでトラップするのか、そういう判断が昔から凄かったですね。

みんな難しいプレーをするのに、難しさを感じさせないようにしていた。サッカーは1人ではできないから、彼らと一緒にプレーして、しっかり噛み合った時に本当に強いチームができる。自分は活かしてもらうことが多かったけど、その重要性をすごく学びましたね」と、本山は以前、黄金世代からの刺激について語ったことがあった。優れた選手との競演が自身の成長の原動力になったのは、やはり紛れもない事実と言っていい。
今の感覚だったら、U-20W杯で名を馳せた選手が海外移籍しないというのは信じられないこと。代理人制度や海外移籍ルールが確立していないなど環境面の問題もあったが、当時は「Jリーグでしっかり活躍して、A代表に入りし、ワールドカップに出る」というのが、成功モデルになっていた。本山自身もそう考えていたという。

実際、この時代の鹿島は若手が簡単に活躍できるようなクラブではなかった。本山と同じ攻撃的MFのポジションにはビスマルクが君臨。先輩の増田忠俊や同期の小笠原も成長し、本山はプロ4年目までベンチスタートが中心だった。

「1年通して結果を出して、優勝した時に評価されるのが鹿島。自分はそこが足りなかった」と本人も継続性の課題を認めていたが、彼の場合は相次ぐ怪我や水腎症という病気の影響もあり、コンスタントな活躍が叶わなかった。2002年に10番をビスマルクから継承した後も苦しい時間が長く続いた。

代表レベルでも、2000年シドニー五輪はフィリップ・トルシエ監督に呼ばれたが、02年日韓W杯は落選。ジーコ体制でも2004年アジアカップなどはメンバー入りしたものの、06年ドイツW杯を逃す結果になった。
中田英寿、中村俊輔、小野、小笠原、稲本、遠藤保仁といった分厚い中盤に割って入るのは難しく、ジョーカー枠でも大黒将司や玉田圭司が台頭。本山が滑り込みを果たすことはできなかったのだ。

結局、代表キャリアは28試合出場で無得点。「ワールドカップに出てみたかった」と本人も引退試合後の会見で後悔を口にしたが、これだけの攻撃タレントが揃った時代は、日本サッカーの長い歴史を振り返っても当時と現在だけかもしれない。

本山は黄金世代だったからこそ大きく成長できたが、“あおり”を食った部分もあった。そのあたりには複雑な感情もあるだろう。

しかしながら、彼の全盛期はそこからだった。際立ったのが、2007~09年のリーグ3連覇の時期だろう。07年のオズワルド・オリヴェイラ監督就任直後の鹿島は下位に低迷。不穏な空気が漂ったが、本山や柳沢、岩政大樹、野沢拓也らを中心にチームを立て直し、徐々に上向きになった。まさにそのタイミングで小笠原がメッシ―ナから復帰。夏以降は破竹の勢いで勝ち続けた。

【PHOTO】脅威のハットトリック!最後までファンタジスタであり続けた本山雅志を特集!そしてラスト2戦となり、浦和レッズとの頂上決戦を迎える。超満員の埼玉スタジアム2002で左SBの新井場徹が退場し、本山は同ポジションで起用されたのだ。異例の配置に加え、右目がほとんど見えなくなるアクシデントが発生する。

だが本山はそれを感じさせない状態で奮闘し、野沢の決勝弾につながる起点のボールを配球した。オリヴェイラ監督も引退試合のビデオメッセージでこの出来事に触れていたが、本山のユーティリティ性が大いに光った。
「サイドバックはもう1回ありました。篤人が退場した川崎戦(2009年7月5日)で右サイドバックに入ったんです。オリヴェイラが『モトならできる』と思ったんでしょう。ワールドユースで左サイドをやったり、志波(芳則)先生(元東福岡監督)からボランチで使われたりとか、そういうのが経験になったのかな」と本人も述懐していたが、この男のマルチ能力に鹿島は大いに支えられたと言っていい。

2007年は34試合、08年は32試合、09年も27試合と3連覇の3年間は完全なる主力としてフル稼働した。本山は20代ラストから30代にかけてようやく成熟したプレーヤーになったのである(後編に続く)。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

「本山2世はすぐに出てくる」鹿島のレジェンド本山雅志が後継者に期待!「いますよ、たくさん。本当に」

「一番のライバルは小野? 小笠原?」“黄金世代”本山雅志の回答は?「彼らが引き上げてくれた」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加