「ここまで大ヒットするとは思っていなかった」 “短尺はヒットしづらい”セオリーを覆した『PUI PUI モルカー』の“毒と癒し”

「ここまで大ヒットするとは思っていなかった」 “短尺はヒットしづらい”セオリーを覆した『PUI PUI モルカー』の“毒と癒し”

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/02/23

今、SNSを中心に一大ブームを巻き起こしている短編アニメ『PUI PUI モルカー』(以降、モルカー)をご存知だろうか。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

1月5日(火)、テレビ東京系の子供向けバラエティ番組『きんだーてれび』内で第1話が放送されるや、Twitterなどでじわじわと人気に火が付き始めた『モルカー』。1月12日の第2話放送後には、「モルカー」という単語がTwitter上で50万件以上呟かれ、瞬く間にファンアートがいくつも生み出されたほどだった。

本作の大きな特徴は、劇中に登場するモルモットを模した“モルカー”と呼ばれる羊毛フェルト製のキャラクターたちの動きを、ストップモーションという技法で表現していることだろう。描いた絵をつなげて表現する一般的なセルアニメーションとは違い、実物の人形を1コマ1コマ地道に写真撮影して作り上げる技法で、制作に莫大な時間と手間がかかるのだ。

また本作は、モルモットが車として活躍する独創的な世界観であり、そこにかすかに織り込まれた毒や社会風刺が、子どものみならず大人の琴線にも触れたのである。

No image

羊毛フェルト製のモルカーたち(シンエイ動画提供)©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

そこで今回は『モルカー』のエグゼクティブプロデューサー・杉山登氏にインタビュー。『モルカー』を手がけるようになった経緯や制作秘話まで詳しく話を伺った。(全2回の1回目。後編を読む)

≪杉山登氏プロフィール≫

制作会社に所属しながらドラマの助監督を務め、1992年の鈴木保奈美主演ドラマ『愛という名のもとに』にて監督デビュー。1995年テレビ朝日に入社。監督・プロデューサーとして「ガラスの仮面」や映画「ロッカーズ」などを手がけた後、アニメのプロデューサーにシフト。2006年から何作もの劇場版『ドラえもん』や劇場版『クレヨンしんちゃん』をプロデュース。2018年シンエイ動画に出向。現在、企画営業担当の執行役員を務める。

放送直後からTwitterでバズりまくった『PUI PUI モルカー』

――まずは『モルカー』の爆発的な人気について、率直な感想をお聞かせください。

杉山 『モルカー』は1話が2分40秒というかなり短尺の作品で、業界的に「短尺はヒットしづらい」というのがセオリーなので、正直ここまで大ヒットするとは僕やほかのプロデューサー陣も思っていなかったですね。特に第1話を放送してじわじわ広がり、第2話でもうTwitterでバズるなんて、本当に誰も想像していなかったんですよ。コロナ禍での外出自粛もあり、家の中で過ごすしかないイライラもたまっていた時期に、この作品の癒しが視聴者のみなさんの心にしみたのかもしれませんね。

――こんなにも早い段階で大ブームになることは、杉山さん含め、制作陣のみなさんにとっても予想外だったんですね。

杉山 もちろん良い作品に仕上がったという自信は持っていましたが、とにかくヒットした早さがすごいなと。話題になり始めた日にスタッフから、「公式Twitterのフォロワー数がものすごい速度で上がってきていますよ!」と報告を受けて驚いたのを覚えています。1話1話が短いので人に勧めやすいというのも功を奏したんだと思いますが、まさにSNS時代だからこその広がりだと感じました。

また、癒しや可愛さがウケた一方で、『モルカー』は技術的にもかなり高度なことをやっているので、目の肥えたアニメ好きの方々から受け入れてもらえた部分も大きかったんでしょう。

50万件以上呟かれTwitterのフォロワー数は驚異の38万人超え

――急なブーム到来で広報担当の方々も大忙しだったんじゃないでしょうか?

杉山 ええ、本当に。公式Twitterのフォロワー急増を受けて、「フォロワー数が○万人達成したら何かプレゼント企画でもしなくちゃいけませんね」なんてスタッフ間で話を詰めているうちに、その目標人数を軽く超えちゃって(笑)。それぐらいバタバタで、まさに嬉しい悲鳴があがってましたね。現在(2月17日)はフォロワー数38万人超えですから、今も宣伝プロデュースのメンバーは毎日鬼のような仕事量をこなしていますよ。

余談ですが、最初は予算も少なかったため当初は制作のシンエイ動画だけで宣伝をやっていたんです。けれど、今の宣伝プロデュースに付いてくれているメンバーが、「この作品だったらぜひ力になりたいです!」と名乗り出てくれたんですよね。そのほか、毎日寝不足で頑張ってくれている商品化や海外担当のメンバーなど、作品に惚れ込んで集まってくれたスタッフのおかげで、今みなさんに『モルカー』の様々な情報をお伝えできているんです。

ダークな世界観を持つ20代の鬼才、見里朝希監督との出会い

――『モルカー』の生みの親である見里朝希監督は1992年生まれでまだ20代後半ですが、杉山さんとはどのような経緯で知り合ったんでしょうか?

杉山 見里監督と出会ったのは2年前ぐらいですね。弊社社長の梅澤が知人から「すごくおもしろくて優秀なクリエーターがいるから紹介したい」と言われて一緒に会ったのが見里監督だったんです。そのときに資料としていくつか監督が手がけてきた作品を見せてもらったんですが、そのなかのひとつの『マイリトルゴート』という作品に驚かされたんですよね。

――『マイリトルゴート』は、見里監督が在籍していた東京藝術大学大学院の修了制作作品で、「パリ国際ファンタスティック映画祭」グランプリなど、国内外で多数の賞を受賞された作品ですね。オオカミに食べられた子ヤギたちを腹から救い出した母ヤギと、森をさまよう少年らが織りなす、残酷で恐ろしくも、どこか美しい寓意に満ちたダークファンタジー。可愛らしい世界観の『モルカー』とダークな世界観の『マイリトルゴート』とのギャップに、ファンたちは良い意味で動揺し、大きな話題になっていました。

杉山 『マイリトルゴート』は、『モルカー』しか知らなかった人にとっては衝撃でしょうね。僕が初めて見たときはその作り込まれたダークな世界観と演出、なにより緻密極まる羊毛フェルトのストップモーションの技術に心を撃ち抜かれました。それですぐに梅澤と一緒に見里監督に「一緒に何かやりたいね。羊毛フェルトアニメでアイデアを持って来てください」と伝えたんです。そういった経緯で監督からいくつかの企画が挙がってきまして、そのなかのひとつが『モルカー』だったんですよ。

短尺ながらいきなりの地上波テレビシリーズとして動き始めた

杉山 実は当初、見里監督は『モルカー』を映画想定で企画していたんです。でも、モルカーたちの可愛らしさはテレビシリーズにしたほうが、たくさんの子どもたちに見てもらえるし、おもちゃなどのマーチャンダイジング展開もできる予感がしたんですよね。そこで「パトカーや救急車といったさまざまな種類のモルカーを登場させるのはどうか?」と見里監督に提案したところ、うまく作品に昇華してくれて、今のような方向性になったんです。

――もともとは90分くらいの長編映画を想定していたということでしょうか?

杉山 いや、そこまで長くはなかったですね。実際問題、羊毛フェルトのストップモーションで90分となると、制作に何年かかるんだって話ですからね。2年以内くらいに作品を世に出せるようにしたいという構想が当初の企画会議の段階からあり、そこから逆算したという事情もありました。

そして、放送枠として前向きに検討してくれていたテレビ東京の『きんだーてれび』が、5分間という短い放送枠の番組だったので、その枠内に放送できる尺ということを考えて『モルカー』は2分40秒となったんです。見里監督に短尺のテレビシリーズにしようと伝えたとき、「え、そもそも地上波で流してもらえるんですか!?」って驚いていましたね(笑)。

◆◆◆

『モルカー』のお話はまだまだ尽きない。後編では杉山さんと見里監督の『モルカー』制作秘話に加えて、杉山さんが考える作品の魅力などについて伺ったので、ぜひ後編もチェックしていただきたい。

(文=TND幽介〈A4studio〉)

ハリウッドばりのヘリコプター墜落シーンを見せた『モルカー』 20代の鬼才が“モルモットを車にした”きっかけとはへ続く

(A4studio)

A4studio

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加