【大雪】京都で25日昼前にかけて警報級の大雪続く見込み 気象台が注意呼びかけ

【大雪】京都で25日昼前にかけて警報級の大雪続く見込み 気象台が注意呼びかけ

  • 京都新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

京都地方気象台

京都地方気象台は25日午前5時50分、大雪と高波及び風雪に関する気象情報を発表した。京都府では25日昼前にかけて、警報級の大雪が続く見込みとし、「積雪や路面の凍結による交通障害に警戒を」と呼びかけている。

近畿地方の上空約1500メートルには、この冬一番の氷点下12度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となっている。北部では、25日昼前にかけて高波に警戒し、25日夕方にかけて強風や雪による見通しの悪化に注意が必要。26日にかけて、気温は平年よりかなり低くなる見込み。

【雪の実況】
25日午前5時現在の主な地点の24時間降雪量(アメダスによる速報値)は以下の通り

南丹市美山  28センチ
舞鶴     21センチ
京都市中京区 15センチ
京丹後市峰山 10センチ

【雪の予想】
25日午後6時までに予想される12時間降雪量は、いずれも多い所で、
北部 山地    35センチ
北部 平地    30センチ
京都・亀岡 山地 35センチ
京都・亀岡 平地 10センチ
南丹・京丹波   35センチ
山城中部     4センチ
山城南部     4センチ

26日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
北部 山地    40センチ
北部 平地    35センチ
京都・亀岡 山地 35センチ
京都・亀岡 平地 10センチ
南丹・京丹波   35センチ
山城中部     4センチ
山城南部     4センチ

【波の予想】
25日に予想される波の高さ
北部 6メートル うねりを伴う

【風の予想】
25日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
北部陸上 13メートル(25メートル)
北部海上 18メートル(30メートル)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加