1964年発売のヘリテージデザインに最新機構を盛り込んだオリエントスターの新作ダイバーズ

1964年発売のヘリテージデザインに最新機構を盛り込んだオリエントスターの新作ダイバーズ

  • &GP
  • 更新日:2022/05/14
No image

1964年発売のヘリテージデザインに最新機構を盛り込んだオリエントスターの新作ダイバーズ

1951年、国産機械式時計の“輝ける星”を目指して産声をあげたOrient Star(オリエントスター)。同ブランドのスポーツライン黎明期に発売された伝説的なダイバーズウオッチがこの夏、半世紀以上もの歳月を超えて「ダイバー1964 2ndエディション」(15万4000円)として蘇ります。

復刻モデルと聞けば、つい重厚でクラシックなタイムピースを思い浮かべますが、そんなステレオタイプなイメージをいい意味で裏切ってくれそうなのがこの「2ndエディション」。ビジネスやプライベートの相棒として日常使いしたくなる魅力が満載です。

No image

▲RK-AU0602E

「ダイバー1964 2ndエディション」は、2021年のオリエントスター創業70周年を記念する特別モデルとして発売され好評を得た「ダイバー1964」(以下「1stエディション」)に続いて登場するヘリテージモデル。

「1stエディション」では、ブランド初のダイバーズとして1964年にリリースされた手巻き式機械時計「オリンピア カレンダーダイバー」を原型としていたのに対し、今回発売される「2ndエディション」では、同じ1964年にダイバーズ第2弾として発売された自動巻きの「カレンダー オートオリエント」をオリジナルモデルとしています。

「オリンピア カレンダーダイバー」と同様、当時としては珍しい回転式ベゼルと40mの防水性能を備えた「カレンダー オートオリエント」。ムーブメントはより実用的な自動巻きとなり、同時にデザイン面においても視認性に優れたミラーブラックダイヤルやドットインデックスを採用、回転ベゼルにはアルマイトリングを組み込むなど、より美しく、より機能的なアップデートを果たしたモデルとして人気を博しました。

No image

▲RK-AU0601B

こうした特徴的なディティールを忠実に再現しながら、最先端の時計製造技術をふんだんに盛り込んでいるのが今夏発売される「2ndエディション」。

ムーブメントには高い精度と50時間のパワーリザーブを備えた自社製キャリバーF6N47を搭載、またねじ込み式りゅうずとスクリューバック、無反射コーティングを施した両球面サファイアクリスタルの風防を採用することで、ISO 6425規格を満たす200m空気潜水用防水機能を備えた本格ダイバーズウオッチへと生まれ変わっています。

カラーはオリジナルモデルに忠実なブラックダイヤルモデルのほか、オンラインストアにはグリーン×ブラックのグラデーションモデルも登場。またオリジナルモデルにはない機能として、ダイヤル12時位置にはオリエントスターのアイコニックな機能であるパワーリザーブインジケーターを搭載しています。

ケースサイズは小ぶりな41mmで、アクティブなスポーツシーンのみならず、さまざまなシーン、スタイリングに合わせやすいのも高ポイント。標準で付属する5列メタルバンドのほかにオリジナルモデルのデザインを模したブラックカラーのシリコンバンドが付属するなど、現代のライフスタイルにふさわしい実用性の高さも光ります。発売は7月5日です。

>>Orient Star「ダイバー1964 2ndエディション」

<文/&GP>

【関連記事】

◆「100年使える腕時計」だから保証も100年です
◆腕元に品をもたらすドイツ時計「ノモス」の新作タンジェント
◆銀座のランドマーク「和光の時計塔」90年を記念したグランドセイコー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加