丸佳浩、“逆シリーズ男”の汚名返上なるか?5年連続リーグ優勝なのに日本一は未経験

丸佳浩、“逆シリーズ男”の汚名返上なるか?5年連続リーグ優勝なのに日本一は未経験

  • Business Journal
  • 更新日:2020/11/22
No image

丸 佳浩(「Getty Images」より)

11月21日から始まる今年のプロ野球・日本シリーズは、昨年に続き読売ジャイアンツ(巨人)と福岡ソフトバンクホークスとの顔合わせとなった。日本シリーズといえば、勝利チームには“シリーズ男”と呼ばれる、期待以上の活躍をする選手が現れることが多い。

その一方で、負けたチームにはシーズン中に大活躍をみせたにもかかわらず、相手チームに徹底的に研究された末に弱点を丸裸にされるなどして存在感が消えてしまう選手が少なくない。特に顕著なのはバッターだろう。結局シリーズ終了までまったく打てず、“戦犯”として敗北の責任を背負わされてしまい、必ずといっていいほど不名誉な“逆シリーズ男”というレッテルを貼られてしまうからだ。

そこで今回は、そうした哀しき逆シリーズ男の歴史を、2000年以降に絞って紹介したい。

まず、逆シリーズ男の特徴としては、レギュラーシーズンの活躍の度合いが大きいのはもちろんだが、何かのタイトルを獲得した選手ほど日本シリーズで失速するケースが目立っている。相手チームから執拗にマークされるというのもあるだろうが、それにしても残念過ぎる……という結果なのだ。

2000年に巨人と戦って敗れた福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)は、主砲・松中信彦が苦しんだ。シーズンでは打率3割2分、30本塁打、106打点でシーズンMVPに輝いたにもかかわらず、日本シリーズでは6試合で19打数1安打の打率0割5分3厘、1本塁打、2打点に終わっている。第1戦こそ2ランホームランを放って勝利に貢献したが、その後はノーヒット。チームも敵地で2連勝スタートを切ったが、松中の不調に合わせるように、そこから4連敗を喫してしまった。

01年は、大阪近鉄バファローズ(のちにオリックス・ブルーウェーブと合併し、現在はオリックス・バファローズ)の磯部公一だ。シーズン中は5番打者としてタフィ・ローズ、中村紀洋とクリーンアップを形成し、打率3割2分、17本塁打、95打点とキャリアハイの成績を残して大ブレイクしたものの、ヤクルトスワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)との日本シリーズでは、第1戦に相手エースの石井一久に完璧に押さえ込まれると、結果的に16打数0安打と、このシリーズでは1安打も放つことができなかった。

磯部は第3戦までは5番を任されていたが、第4戦では7番に降格、第5戦はスタメンからも外されている。この磯部の不振もあって、チームはヤクルトの前に1勝4敗で敗れ去り、近鉄としては1度も日本一に輝くことはできずに球団が消滅した。

翌02年は西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)の和田一浩だ。この年、初めて規定打席に達し、打率3割1分9厘、33本塁打、81打点と活躍したが、初戦の第1打席でセンター前に抜けたと思った打球を巨人のセカンド・仁志敏久の好守に阻まれたことでスイングがおかしくなり、調子を崩してしまった。結局、15打数0安打と完璧に抑え込まれた和田の不調が響いた西武は、巨人に4タテをくらってあっさりと敗れ去っている。

金本知憲&今岡誠の2枚看板が封じられた阪神

05年に千葉ロッテマリーンズと対戦した阪神タイガースは、ポイントとなる主力打者が打ち取られて敗北したパターンだ。金本知憲と今岡誠の2人である。打率3割2分7厘、40本塁打、125打点でセ・リーグMVPに輝いた金本は第3戦までノーヒットに抑え込まれ、第4戦でやっと1本打ったが、焼け石に水だった。13打数1安打の打率0割7分7厘、0本塁打、0打点と低迷。

一方、シーズンでは147打点で打点王に輝いた今岡も、わずか1打点に終わってしまった。この主軸2人の不振が響いた阪神は4試合でたった4点しか取れず、33得点した千葉ロッテの前にあっけなく4連敗したのである。

タイトルホルダーの不調といえば、06年の中日ドラゴンズ・福留孝介も印象的だ。この年の福留は、12球団最高となる打率3割5分1厘で首位打者を獲得し、出塁率&長打率ともにリーグ1位だったが、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは打率2割に沈み、1勝4敗でチームが日本一を逃す要因となってしまっている。

この翌年の07年の日本シリーズも同じ顔合わせとなったが、今度は中日がリベンジしたケースである。前年の日本シリーズでMVPに輝いた稲葉篤紀は、この年のシーズンも打率3割3分4厘、17本塁打、87打点と絶好調だった。

だが、いざシリーズに突入すると、前年には完膚なきまでに打ち込んだハズの中日投手陣に17打数1安打の打率0割5分9厘、0本塁打、0打点と完璧に封じられてしまう。そして何の因果か前年とは逆に、1勝4敗でチームは敗退。2年連続の日本一を逃す結果となってしまったのであった。

稲葉は計7度も日本シリーズに出場し、06年はMVP、1997年と2012年にも優秀選手に選ばれた“シリーズ男”だが、この年だけは“逆”だったのである。

13年に、球団創設以来初の日本一に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルス。その勝因となったのは、相手チームの巨人の主砲・阿部慎之助を封じたことだった。シーズンでは打率2割9分6厘、32本塁打、91打点でリーグ優勝に貢献した阿部に対して、楽天投手陣は23打数でヒット2本しか許さなかった。

結果、7試合で打率0割8分7厘、0本塁打、1打点と低迷。阿部が4番の仕事を果たせなかった巨人は3勝4敗で惜敗し、悲願を叶えた相手チームの引き立て役となってしまったのである。

15年にソフトバンクと対戦して1敗4敗で敗れ去ったヤクルトは、攻撃型2番の川端慎吾がターゲットにされた。この年、195安打を放ち打率3割3分6厘で首位打者と最多安打を獲得したリーグきってのヒットメーカーが、シリーズでは5試合でわずか3安打しか打てなかった。最終的には18打数3安打の打率1割6分7厘、1打点に終わり、攻撃型2番としてはまったく機能しなかった形となったのである。

丸佳浩、“逆シリーズ男”の汚名返上なるか?

さて、ここまでその歴史を振り返ってきた逆シリーズ男だが、近年では巨人の丸佳浩がその筆頭格となっている。

丸は広島東洋カープ時代の2016年に初めて日本シリーズに出場して以降、これまで3度のシリーズ経験がある。だが、そのシリーズごとの成績は、16年に21打数7安打で打率3割3分3厘、1本塁打、2打点、5三振という成績を残しているが、18年には25打数4安打で打率1割6分、1本塁打、3打点、12三振(6試合シリーズでのワースト記録となった)と、完全なる大ブレーキで広島が日本一を逃す要因となってしまった。

さらにフリーエージェント(FA)で読売に移籍した昨年に至っては、9打数0安打で打率なんと0割。ホームランと打点ももちろん0という不名誉な成績を残してしまったのだ。

結果として通算成績は55打数11安打で打率2割、2本塁打、5打点と低迷している。チームもすべて敗退していることもあって、完全なる逆シリーズ男と化しているのだ。

相手の強力な打線を分断させることができれば、日本一を大きく引き寄せられる。だからこそ“逆シリーズ男”が生まれるともいえるワケだが、そういう意味でも、今年もどうしても丸に関心が集まってしまう。

昨年は9打数無安打と無惨な結果に終わり、ソフトバンクの4タテ日本一をアシストしたかたちだが、今回はそのリベンジを果たして3度目の逆シリーズ男となるのはどうしても回避したいところ。丸個人では、5年連続でリーグ優勝を果たし、“優勝請負人”と呼ばれているものの、一度も日本一を経験していない。丸のバットが爆発して、巨人が12年以来8年ぶりとなる悲願の日本一を奪回するのか、注目したい。
(文=上杉純也/フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加