前K-1王者の木村“フィリップ”ミノルが電撃参戦。「RIZINの萩原京平と戦いたい」【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】

前K-1王者の木村“フィリップ”ミノルが電撃参戦。「RIZINの萩原京平と戦いたい」【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/11/25
No image

10月1日に亡くなったアントニオ猪木さんの追悼大会となる「INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国」(12月28日、東京・両国国技館)の第1弾カード発表会見が11月25日、都内で開催され、前K-1 WORLD GPスーパーウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノルの電撃参戦が発表された。

木村は昨年12月に行われたK-1大阪大会で“K-1ファイナルマッチ”として和島大海を相手に防衛戦を行い敗戦。その後、ボクシング転向を表明しトレーニングを積んできた。今月21日には自身のSNSでK-1との契約が円満に終了したことを報告していた。

木村は会見で「自分は今週の月曜日にK-1との契約が円満に終了しフリーとなりました。この場をお借りしてK-1の皆さんに感謝を伝えたいと思います。ありがとうございました」とまずはK-1に感謝の言葉。そして「僕自身、1年間試合をしていなかったこともあり、すぐにでも試合をしたいという思いから、谷川さんに連絡させてもらった。僕はブラジル人なので猪木さんはヒーローのような存在だし、追悼の大会に出られるのは僕にとって意味のある試合になると思っている。最近はボクシングのトレーニングに専念しているがルールは何でもいいと思っているし、パンチにはより一層自信がついているので、この大会では自分の実力を存分に発揮できると思ってすごく楽しみにしている」などと今回の参戦に至った経緯と心境を明かした。

No image

木村は令和猪木軍として試合に臨むのだが「猪木さんの名を世に広めたのは異種格闘技戦だと思っているので、僕は異種格闘技戦をやりたいと思っている。できればRIZINの選手と戦いたい」と語り、その戦いたい選手については「今一番やりたいのは萩原京平選手です。ルールは決まったルールでやります」とまさかの名前を出した。萩原については「キャラクター的にやりたいなと思った。もちろん試合は見ている。すごいハードな戦いをしているし、チャレンジ的な試合ばかりだと思うので、成績はあれですが、毎回熱くなるような試合をしているし、ファイターとして魅力がある。率直にやりたいです」と語った。

この対戦については谷川貞治プロデューサががRIZIN側と交渉を進めることになると思われる。今後はその交渉の行方に注目が集まることとなる。なお萩原は現在、大晦日のカードにはラインアップされていない。

またこの木村の一連の発言について小川直也総監督は「出る以上は勉強してきたんでしょうね。やっぱり“INOKI BOM-BA-YEに出る。とにかく今は猪木さんをリスペクトしていて、出たいんだ”と。当然、ルールは何でもいい。これはまさに猪木さんの言う通り。猪木さんだって“そんなのどうでもいいじゃねえか。本人が出たいって言って、本人が一生懸命やるって言うなら、それが一番いいじゃん”という人なんで、一番いいと思う。カードも面白くなるようなカードを望んでいると思うし、そこは猪木イズムをしっかり勉強してきたんだなという第1印象は受けました」などと評価した。

「INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国」(12月28日、東京・両国国技館)〈11月25日発表のカード〉◆92kg契約イゴール・タナベ (柔術/ブラジル)vs メルビン・マヌーフ(キックボクシング/オランダ)◆無差別級ジョシュ・バーネット(キャッチレスリング/USA)vs シビサイ頌真 (武術/日本)◆無差別級関根“シュレック”秀樹(柔術/日本)vs ヤン・ソウクップ(空手/チェコ)◆72.5kg契約宇佐美秀メイソン(空手/日本)vs アルバート・クラウス(キックボクシング/オランダ)◆77kg契約マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル)vs ガロア・ボファンド(ムゲンドーマーシャルアーツ/イギリス)【参戦選手】木村“フィリップ”ミノルラファエル・ロバト・ジュニア

hmotoyoshi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加