古江彩佳「ストレスのかかる一日」も薄氷の予選通過 前日にはカート使用で2罰打

古江彩佳「ストレスのかかる一日」も薄氷の予選通過 前日にはカート使用で2罰打

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2022/05/14
No image

古江彩佳はパターに悩まされた一日に…|撮影:GettyImages

<コグニザント・ファウンダーズカップ 2日目◇13日◇アッパー・モントクレア・カントリー・クラブ(米ニュージャージー州)◇6656ヤード・パー72>

大会初日にカート使用によるルール違反で“2罰打”を受けた古江彩佳。だがその逆境をはねのけた。カットライン上のトータル1アンダーで、9試合連続(うち1試合は予選落ちなし)での予選突破を果たし、大会を放送するWOWOWのインタビューで一日を振り返った。

古江彩佳のドライバースイング【連続写真】

イーブンパー・66位タイからスタートした古江はカットラインをにらみながらのプレーとなった。10番からスタートしてパーオン、2パットを続けて迎えた17番パー3。ティショットでグリーンをとらえられずにボギーとして、トータル1オーバーとカットラインを下回って折り返す。

しかし、耐えながらスコアを伸ばすという古江“らしさ”を発揮しはじめる。2番パー5でスコアを戻すと、終盤8番パー3でバーディを獲って再びカットライン上へ。最終9番ではバーディパットがカップ左をかすめてパーフィニッシュ。ホールアウト時点では63位タイで「ヒヤヒヤです」と話していたが、最終的には61位タイ。薄氷の予選通過を決めた。

初日の2罰打はカバーできたが、古江にとっては「ストレスのかかる一日」だった。フェアウェイキープ率は13/14、パーオン率も16/18で、ドライビングディスタンスも初日を9ヤードも上回る259ヤードをマーク。だが、パターが決まらなかった。

「ショットがよくて何回バーディチャンスについたんだっていうくらい(笑)。パターは悪いストロークではないけど、読みとタッチが合わなかった」と、この日のパット数は「33」。決めきれないもどかしさを抱きながら、カットラインを意識しながらの一日を終え、笑顔はあるものの少し疲れたような表情をみせる。

しかし裏を返せば、パッティングが決まればスコアを大きく伸ばすことができるということ。あすは何が起きるか分からない“ムービングサタデー”。初日、2日目と粘り強いゴルフを続けたぶん、あすの爆発に期待したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加