「JAPAN STREET LEAGUE 2022 年間王者決定戦」FODで完全無料LIVE配信!

「JAPAN STREET LEAGUE 2022 年間王者決定戦」FODで完全無料LIVE配信!

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2022/11/25

FODで「JAPAN STREET LEAGUE2022 年間王者決定戦」が、完全無料で独占LIVE配信されます。

「JAPAN STREET LEAGUE」は、本場アメリカを舞台に行われている世界最高峰のスケートボード大会「STREET LEAGUE」の世界観を日本でも表現すべく、今年3月に立ち上がったスケートボードリーグ。

年間を通じて4戦で構成され、その4戦目となる本戦で、初代・年間王者が決定します。

フォトを見る

No image

堀米雄斗(東京オリンピック金メダリスト)選手のあとを追いかける日本の次世代スターたちが集う「JAPAN STREET LEAGUE」のレベルの高さには、海外の目の肥えたファンも驚きを隠せません。

3月に行われた第1戦を制した池田大暉選手は、勢いそのままにビッグコンテスト「XGames」(4月・千葉)で銀メダル。さらに、世界的登竜門「タンパアマ」(11月・フロリダ州タンパ)では、見事優勝を果たし、世界の次世代トップに君臨していることを証明しました。

今回、埼玉県所沢市SKiP FACTORYで行われる最終戦は、3月の第1戦(埼玉県所沢市・SKiP FACTORY)、6月第2戦(東京都足立区・ムラサキパーク東京)、9月第3戦(愛知県蒲郡市・DELIC SKATEPARK)の全3戦を通じて獲得したポイント上位10選手が出場します。

勝ち残ったのは、全員が10代。ランキングトップの根附海龍選手(第2戦覇者/19歳)をはじめ、各大会の優勝者・成績上位者が集う中、最年少13歳の藪下桃平選手もランキング3位で最終戦出場を果たしました。

10人が2グループに分かれて予選ラウンドを戦い、獲得点数上位の5人が最終決戦の決勝ラウンドに進みます。

それぞれの個性を詰め込んだ45秒の”ラン”2本と、一発勝負のスキルバトル”ベストトリック”5本で2022年のチャンピオンを決めます。

さらに、今回は初めて女子のコンテストの開催が決定。男子同様、世界のトップを走る日本のガールズスケーター、その次世代No.1に輝くのは!?

男女ともに日本代表の強化指定選手も多く含まれており、2年後のパリに向けて、未来を占う戦いの側面もあります。

層が厚い日本の男女ストリートにおいて頭角を現すのは…。会場DJやMCとともに、スケートボード独自のカルチャー色満載で独占生中継。

日本を制するものは世界を制す!世界トップレベルの戦いが展開されます。

<「JAPAN STREET LEAGUE 2022 年間王者決定戦」独占LIVE配信 概要>

配信日程:

12月4日(日)

12時30分~ 男女予選

16時~ 男女決勝・表彰式

※各競技準備が整い次第、アーカイブ配信予定。スケジュールは予告なく変更される可能性があります。

出場選手:

男子(年間ランキング順)

1位 根附海龍(2700pts) 第2戦優勝

2位 濱村大征(2030pts) 第3戦優勝

3位 藪下桃平(1910pts)

4位 池田大暉(1850pts) 第1戦優勝

5位 佐々木音憧(1400pts)

6位 中野虎大郎(1350pts)

7位 渡辺星那(1285pts)

8位 齋藤丈太郎(1150pts)

9位 小鈴祥大(1140pts)

10位 佐々木来夢(1100pts)

女子(順不同)

藤澤虹々可

北野朝戸

前田日菜

兼本鈴菜

齋藤波音

青木凜

中島野々花

上村葵

髙橋月音

※出場選手は予告なく変更になる場合があります。

(敬称略)

URL:https://fod.fujitv.co.jp/title/8274

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加