フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/04/08
No image

フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

アイドルがロックバンドのTシャツを着ていれば、反応してしまうのは中年ロックファンの性。本人が意味を知らずに着ていようが、そんなことは関係ない。勝手に想像を膨らませる、それだってアイドルファンとしての愉しみ方の1つである。

とはいえ、アイドルの音楽性も多種多様になっている昨今。アイドルのマニアライクなロック趣向も珍しくはない。そんなピンポイントでおっさんホイホイしてきた最近の注目アイドルをまとめてみた。

三品瑠香(わーすた) それFender新シリーズじゃないですか

まずは、わーすたの三品瑠香。弾き語りで何気にスリーフィンガーをサラッと弾いていたり、アコースティックギターの腕前は申し分ない彼女が“my new gear…”として手にしているのは、Fenderの新シリーズ“Made in Japan Hybrid II”のテレキャスター。

my new gear... pic.twitter.com/FBzeetRMxE
— 三品瑠香(わーすた) (@tws_ruka)
March 25, 2021
from Twitter

最初にステージで手にしていたエレキギターは、泣く子も黙るSuhrで驚いたものの(借り物だと判明)、その次はFender(Squire)のサイクロン。いいセンスしてます。それで今回のテレキャスター、何がすごいって、こちら3月25日に発表されたばかりの新モデルをその日のうちに手にしているってこと。

それにしても、メイプル指板のホワイトブロンドのテレキャスターなんて、20歳の女性にしてはシブい選択。彼女、最初の頃に手にしていたアコギはヤマハの銘器Lシリーズだし、最近はタカミネのスロテッドヘッドの400シリーズ。女子が選ぶ楽器じゃない。インスタによれば、ヤマハはポジションマークが気にいってるそうで。そうそう、おじさん世代は昔カタログを眺めながら、あの桜やらの象嵌(ポジションマーク)に憧れたもの。当時10万円クラスのギターにしか入ってなかったんだよ。南こうせつとか長渕剛モデルとかすごかったもんなぁ。というか、ヤマハのLにタカミネの400(「浦安の黒ちゃん」モデル)、メイプル+ホワイトブロンドテレキャスター(「TIME GOES AROUND」でお馴染み)とくれば、完全に長渕剛じゃないか!と勝手に興奮する。

先頃20歳になった彼女は初のソロ楽曲「さよなら、わたし」をリリース。作詞&作曲も手掛けたということで多才を見せる。“三品節”と呼ばれるトレードマーク、“がなり”、“しゃくり”を抑え気味にしたストレートな楽曲だ。

三品瑠香「さよなら、わたし」Music Video

作曲の定義は“主メロ(歌メロ)を作った人”であるので、アレンジャーなりがいろいろ手を加える場合が多いのだが、同曲に関していえば、バンド感はもちろんであるが、若さと勢いが迸るいい意味で荒削り感が出ている仕上がりである。初の作詞&作曲ということで、三品瑠香の素、メッセージといった等身大を存分に感じることができる良曲となっている。

弾き語りでいえば、先日NEO JAPONISMの滝沢ひなのがTwitterでBO GUMBOSの名曲「トンネルぬけて」(1989年)を、“保育園の時親とよく一緒に歌ってた曲です!”とギターで弾き語っていた(大人の事情で埋め込めない)。シングルにもなっていない1stアルバム『BO & GUMBO』収録曲を知っているとは……。親御さんがロック好きだと耳にしたことがあるのだが、これはかなりのロック一家と見た。

夢際りん(yumegiwa last girl) エフェクターを自作するアイドルって何者……!?

ギター弾くアイドルは珍しくないし、DTMをやるアイドルもいる。じゃあ、エフェクトペダルを作るアイドルは? え、エフェクター!? 30代以上ならビビっとくるグループ名、yumegiwa last girlの夢際りん。自身のオンラインストアにて、前々から作ってみたかったというエフェクターを販売したとのこと。

エフェクターを自作するアイドルです。 #note https://t.co/eAzuzPH4uh
— 夢際りん (@rin_yumegiwa)
March 16, 2021
from Twitter

ちょっと、想像以上にガチじゃないですか。女子っぽいポップでキュートなルックスではなく、スポンジを使用する本格的なエイジング塗装を施したおっさんホイホイな仕上がり。しかも、ダイモまで貼ってる! 配線キレイだし、いわゆるFulltoneのOCDタイプ(Obsessive Compulsive Drive/オーバードライブディストーション)でしょうかね。いろいろわかってらっしゃる。グループ以外でもソロでDTM活動をしたりと(名義が“UTERO”でIDが“in_utero”!!)、多彩な側面をお持ちの方ですが、ホントにはじめて作ったのかよという出来栄えで参りました。

yumegiwa last girl - 大遊星 (LYRIC VIDEO)

そんな彼女が所属するyumegiwa last girlは、4月29日に新体制お披露目。今までの倍となる6人体制ということでいったいどのような展開を見せてくれるのか、目が離せない。

自作エフェクターで思い出したのだが、Ringwanderungのみょん。自撮りのバックがおれたちの千石電商(秋葉原にある電子部品などを販売する企業。ギター関連のパーツ類の品揃えはおそらく日本一)だった……。なんだこれは……、狙ってる? のか……?

おはよー⛄️❄️✨

今週も頑張ろう🤝
寒いから暖かくしないとー! pic.twitter.com/bzf5jMOoDl
— みょん(Ringwanderung) (@myonchan0903)
December 14, 2020
from Twitter

内山結愛(RAY) アイドルによるロック名盤再発見

ロック好き中年の心をわっしゃわっしゃとくすぐってくるのはRAYの内山結愛。当コラム本編でも以前紹介したが、彼女の洋邦名盤のレビューを綴ったnoteが最高なのである。

関連リンク

内山結愛 note

Public image limited 『METAL BOX』(1979年)、Throbbing Gristle『20 Jazz Funk Greats』(1979年)、Steve Reich『Drumming』(1971年)……といった、めんどくさいロック好き中高年が大好きなアルバムをアイドルがレビューしている。さらには自分の感性を的確に表現する文才もあるのだから、たまらない。当初はマニアライクな古いアルバムを今の女子がどう感じるのか?ということに興味があったわけだが、最近は自分が忘れかけていたアルバムを復習するきっかけにもなっている。

・X JAPAN『BLUE BLOOD』

煽り立てるようなYOSHIKIさんのドラム神がかってる。ヘルニアを患うのも納得の激しさ。ハスキーで高音突き抜けるToshlさんの歌声も衝撃!いや、メンバー全員カリスマ性が凄い…X JAPAN…凄すぎる…!紅!!!!! #内山結愛一日一アルバム
— 内山 結愛 (@__yuuaself__)
March 8, 2021
from Twitter

時に、木下理樹(ART-SCHOOL)のようにアーティスト本人が彼女のレビューの存在に気づくこともある。

ボーカル・ギターの木下理樹さんにフォローして頂いちゃった・・・
一眼でも見て下さって恐縮です有難う御座います・・・
— 内山 結愛 (@__yuuaself__)
August 19, 2020
from Twitter

noteにとどまらず、Twitterでのハッシュタグ“#内山結愛一日一アルバム”も好評。アイドルがあぶらだこの『木盤』をレビューし、それを見てみんなが『青盤』を勧めているリプ欄は、現在のアイドルとヲタクの関係性、ファン層の縮図を物語っている。

・あぶらだこ『あぶらだこ 木盤』

ずっと狂気じみたお祭り騒ぎ!パワフル!テンションの緩急が強烈なボーカル、誰にも真似できない…けど真似したくなる。個性的で、自由で、魂がこもっている歌詞の世界観無邪気で好き! #内山結愛一日一アルバム
— 内山 結愛 (@__yuuaself__)
April 7, 2021
from Twitter

往年のアルバムだけでなく、Vulfpeck『Thrill of the Arts』(2015年)、羊文学『POWERS』(2020年)といった、トレンドをおさえた選択も絶妙である。

RAY - 17/Seventeen(Official Audio)

ティム・ヴィンセント(Zsasz) 刻まれたタトゥーが美しい

黒髪清楚アイドルもいいけど、ピアスたくさんつけてるアイドルもカッコいい。タトゥーが似合うアイドルなんて、最高にロックじゃないか。MIGMA SHELTERのブラジルは自分のグループロゴを腕に刻んでいるし、CY8ERの病夢やみいの腕に入っていたハサミのタトゥーも綺麗だった。彼女は特典会でタトゥーを見せてもらいながら、トレント・レズナー(Nine Inch Nails)についてのお話ができるという稀有なアイドルだった。

そして、またここにタトゥーが美しいアイドルが!

まだおやすみは、言わないで...☁ pic.twitter.com/UWqX52DTdM
— ティム・ヴィンセント (@tim_zsasz_)
December 9, 2020
from Twitter

センスの感じられる綺麗なタトゥー。

ラウドロックを得意とする鬱Pプロデュースのアイドル、Zsasz(ザーズ)のティム・ヴィンセント。タイと日本のハーフである。

現役アイドルが手の甲までタトゥーを彫るだけの動画

“身長は低め”と自己紹介にあるが、それを感じさせないパワフルな歌声、ステージングが魅力的。

Zsasz - ときどきひかる [Music Video]

ドン・グリ(パピプペポは難しい) キリンが来る

最後は、よもやロックなのかどうなのか、いや、“ミッキーマウスに憧れてキリンになりました”、“アフリカからネリマクに引っ越してきた”というその心意気は紛れもなくロック。パピプペポは難しいのドン・グリ。

【ドン・グリ】睡眠導入刀型耳かきで眠るASMR【ASMR】

もうどこからどうツッコんでいいのかわからない彼女だが、先頃グループのクラウドファンディングのストレッチゴール達成として、ニューフェイスの作成が決定。作成でいいのか、整形というべきなのか。以前AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』出演時に、被りものであることを半ば認めたような(おい、設定っ!)……そこはひとまず置いておいて、この先が気になるアイドルの1人(1頭?)である。

【自己紹介】ドン・グリYouTube始めました!

ちなみにパピプペポは難しい楽曲はNEO JAPONISM、SOLなどを手がけるSayaがサウンドプロデューサー。ポップでキャッチーなメロディと細部まで丁寧に組み立てられたエレクトロサウンドが病みつきだ。

パピプペポは難しい「決まりごと」Music Video

過去の連載一覧

偶像音楽 斯斯然然

冬将軍

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加