日本代表“最年少”の川島悠翔「自分も歴史を作りたい」W杯での河村、富永の活躍に刺激

日本代表“最年少”の川島悠翔「自分も歴史を作りたい」W杯での河村、富永の活躍に刺激

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2023/09/19
No image

チーム最年少としてアジア競技大会に臨む川島悠翔[写真]=バスケットボールキング

9月18日、「19回アジア競技大会(杭州/2022)」に出場するバスケットボール男子日本代表(FIBAランキング26位)が、東京都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開練習を実施した。

最年少の18歳でメンバー入りした川島悠翔は、今年3月に福岡大学附属大濠高校を退学し、NCAA進学を見据えオーストラリアにあるNBAグローバルアカデミーに入学。ハイレベルなライバルたちに揉まれる日々を過ごすなか、「FIBAワールドカップ2023」で快挙を成し遂げた男子日本代表にも刺激を受け、新たな決意を胸に代表活動に参加しているという。

「河村(勇輝)選手だったり、富永(啓生)選手だったり、若い世代の方々が活躍されているのを見て、自分ももうすぐその舞台に立つという自覚が芽生えたし、自分も同じような舞台に立って歴史を作りたいと思いました。自分の出番やチャンスというか、掴みとらなければいけないという時期がそう遠くないと自覚しました」

今回の代表チームでは「ストレッチ4。機動力のある4番としてしっかりやっていきたい」といい、「シューター陣はたくさんいるので、要所で3ポイントも打てるし、ドライブで切ってシューター陣をオープンにさせるという選手も必要かなと思うので、自分がそういう立場になれたら」と、日本代表における将来像についてもコメント。

チーム最年少ではあるが、今大会の先にあるパリオリンピックの出場メンバー入りも見据え、「年齢とか関係ないという気持ちでやりたい」と意欲満々。フル代表として臨む初の国際大会へ向けて「せっかくいただいたチャンスなので自分のものにしたい」と力を込めた。

9月26日にスタートする「アジア競技大会」の男子バスケットボールには16チームが出場。グループステージのグループDに入った日本代表は、26日にカタール代表(同104位)、28日にインドネシア代表(同74位)、30日に韓国代表(同51位)と対戦する。

【日本代表トップ10プレー映像】パリ五輪への切符を掴んだ日本代表…皆さんが感動したシーンは?

動画はこちら

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加