元世界王者・山中竜也が3月6日に復帰戦 硬膜下血腫で一度は引退も/ボクシング

元世界王者・山中竜也が3月6日に復帰戦 硬膜下血腫で一度は引退も/ボクシング

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15
No image

3・6復帰戦が決まった元世界王者の山中(左)。右は同じ真正ジム所属で元WBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼

プロボクシングの元WBO世界ミニマム級王者の山中竜也(26)=真正=が3月6日に神戸市立中央体育館で3年8カ月ぶりとなる復帰戦を行うことが決まった。所属ジムの山下正人会長(59)が15日、神戸・湊川神社で行った選手、スタッフによる新年恒例の必勝祈願後に発表した。相手は須藤大介(26)=三迫=で、ライトフライ級6回戦をメインイベントで戦う。

山中は2018年7月に判定で敗れた2度目の防衛戦後に硬膜下血腫が判明。硬膜下血腫など頭蓋内出血と診断された選手はライセンスが自動的に失効する日本ボクシングコミッション(JBC)の規定に従い、現役を引退した。だが、昨年12月にJBCが規約を改正し、一定の条件を満たせばライセンスの再発行を認めることになり、現役復帰の道が開かれた。

階級を一つ上げて再スタートする山中には、試合までに2度のMRI検査が義務づけられているが、「タフな相手でしんどい試合になるかもしれないけど、いい勝ち方がしたい。2、3年以内にまた世界王者になりたい」と2階級制覇に意欲満々だった。山下会長は「ここで勝てば、世界ランクに入る可能性もある。一試合でも早く世界戦ができるようにしたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加