広島、39試合目でついに盗塁阻止 坂倉がヤクルト山崎を刺す 12球団唯一の阻止率・000から脱出

広島、39試合目でついに盗塁阻止 坂倉がヤクルト山崎を刺す 12球団唯一の阻止率・000から脱出

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/18
No image

6回、右中間スタンドへ勝ち越しソロを放ち、ナインとタッチを交わす坂倉(撮影・立川洋一郎)

「広島-ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

広島が三回の守備で今季初めて盗塁阻止に成功した。

三回表、ヤクルトは先頭の山崎が左前打で出塁すると、続く山田の2球目に盗塁を企図、したが、森下-坂倉のバッテリーの前に二塁で刺された。

広島はこれが39試合目。今季ここまでセの5チームに18の盗塁を許しており、12球団で唯一盗塁阻止率が・000だった。坂倉は今季7度目で初の盗塁刺。ここまで会沢が9度、磯村が3度、盗塁を企図され1度も盗塁刺がなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加