福岡でサイクルツーリズム 台湾からのモニターツアー始まる

福岡でサイクルツーリズム 台湾からのモニターツアー始まる

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2022/11/25
No image

サイクリングと観光を組み合わせた『サイクルツーリズム』についてです。福岡県は、新たな体験型観光として、海外からの需要を取り込もうと、台湾の人たちを招いたモニターツアーを25日から開催しています。

サイクリングと観光を組み合わせた『サイクルツーリズム』についてです。福岡県は、新たな体験型観光として、海外からの需要を取り込もうと、台湾の人たちを招いたモニターツアーを25日から開催しています。

25日、福岡市東区の海の中道を風を切りながら走る自転車の列がありました。自転車に乗っているのは、台湾からやってきた旅行会社の社長や、サイクリング協会の関係者ら、あわせて6人です。25日から4日間かけて、志賀島のほか、北九州市の門司港や、太宰府市の太宰府天満宮など、福岡県内の観光地をめぐります。

台湾からの一行が24日、ツアーに先駆けて訪問したのは福岡県庁でした。いま福岡県では、サイクリングと観光を組み合わせた『サイクルツーリズム』に力に入れています。実際に走ることで、福岡の魅力を感じてもらおうと、サイクリングの愛好家が多い台湾の人たちを招く、モニターツアーを初めて企画しました。天候に恵まれたツアー当日は、絶好のサイクリング日和でした。海の中道や志賀島などで約3時間、サイクリングを楽しんだ台湾の人たちに感想を聞きました。

■台湾のサイクリング協会・ホー・リーチン理事

「海はすごくきれいです。山の景色も見られて、特別だと思いました。」

次に、福岡県岡垣町に向かう一行のために用意されていたことがあります。

■松原記者

「自転車を車の上に積み込み、次の目的地に向かいます。」

これは『サイクルチャーター』といって、走りたい場所まで自転車を運んでくれる団体向けのサービスです。九州では初めての試みで、険しい坂道や市街地が続く単調なルートを走らなくてすみます。

■福岡県観光振興課・大川内洋介係長

「福岡のサイクルツーリズムの環境は、日本の中では先進的ではないので、少しずつ環境を整えて、需要を福岡で取り込んでいけるようにしたい。」

福岡県はサイクリングの愛好家が利用しやすい休憩スポットや宿泊施設を増やし、国内だけでなく、海外からも観光客を呼び込みたい考えです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加