藤井二冠 通算200勝 羽生九段超える最年少&最高勝率で到達

藤井二冠 通算200勝 羽生九段超える最年少&最高勝率で到達

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

駒を進める藤井聡太二冠=東京・将棋会館(代表撮影)

将棋の藤井聡太二冠(18)が20日、東京・将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定戦リーグ最終戦で木村一基九段(47)に101手で勝利。通算200勝を達成した。

未放映のテレビ対局を含む公式戦の成績は200勝40敗で、勝率は・833。羽生善治九段(50)の・791(200勝53敗1持将棋)を上回る史上最高勝率で、年齢も羽生九段の19歳1カ月28日を更新する18歳4カ月1日の最年少記録。達成までの期間は、羽生九段の3年11カ月6日に次ぐ史上2位の4年1カ月19日だった。

藤井二冠はこの日の勝利でリーグ戦を3勝3敗で終えたが、無念のリーグ陥落が決定した。渡辺明王将(36)への挑戦権は、豊島将之竜王(30)と永瀬拓矢王座(28)のプレーオフに持ち越された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加