危ない! 久保建英がテストマッチで悪質タックル食らう「サンドバックになった」

危ない! 久保建英がテストマッチで悪質タックル食らう「サンドバックになった」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/06
No image

久保建英(東スポWeb)

スペイン1部レアル・ソシエダードに新加入した日本代表MF久保建英(21)は5日(日本時間6日)、ビルバオとの親善試合にスタメン出場し、後半30分過ぎに交代したものの、好プレーを見せた。

リーグ開幕前、最後の試合に0―1で敗戦。同国メディア「noticias de Gipuzka」は「子供たちが大人と対戦するように見えるほど違いがあった。少し頭をあげたのは久保だけで、彼は良いプレーをした」と報じ、宿敵との対戦で、Rソシエダードの選手たちが苦戦する中、3トップの右で出場した久保のみが好パフォーマンスを見せたと評価。さらに「久保は真っ先にライバルのエリアに足を踏み入れてボールを奪いそうになった」と指摘し、かねて課題とされている守備面でも奮闘したという。

一方で久保は激しいチャージを受けるなど、ビルバオから徹底マークされた。元スペイン代表MFラウル・ガルシアから危険なタックルを受けたことに、同メディアは「久保はサンドバックになった」とし「ガルシアによる理解できないタックルを含む」とも伝えていた。

Rソシエダードは14日(同15日)にアウェーでカディスとの今季初戦に臨む。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加