73歳ジャンボ尾崎が初の年間0戦「気力わかない」

73歳ジャンボ尾崎が初の年間0戦「気力わかない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

尾崎将司(2019年9月13日撮影)

「ジャンボ」の愛称で知られる、男子ゴルフでツアー最多94勝の尾崎将司(73=I・S・T)が、70年のプロ転向以来、51年目で初めて、1試合も出場しないシーズンを送ることが決定的となった。

15日、千葉・ゴルフ5カントリーオークビレッヂGCで行われた「ISPSハンダ・医療従事者応援ジャンボ尾崎チャリティートーナメント」に、大会アンバサダーとして参加。当初は出場予定だった男子ツアーのダンロップ・フェニックス(11月19~22日、宮崎・フェニックスCC)について「おそらく出場しないだろうね。今は何もしていない。あと2カ月では難しいだろう」と、欠場の意向を示した。今季は3試合に出場予定だったが、残る2試合の中日クラウンズ、ANAオープンは、新型コロナウイルスの影響で、すでに中止となっている。永久シードを保持しており、心変わりして急きょ別の大会に出場することも可能だが「何の気力もわかない」とも話した。

この日まで行われた試合も、背筋痛のため欠場した。新型コロナウイルスの影響から、男子ツアーは相次いで中止となっている現状に「トレーニングや練習をする意欲がわかない。コロナで、やろうとする気持ちが、どんどんなくなっている。やっかいだよ」と語った。さらに「今年は1ラウンドもしていない。5月からは打ってもいない。雑草を刈ることだけが運動。今は若い子たちが頑張っている姿を見ているのがいい。練習する環境は整っているから」と、練習場を兼ねた“ジャンボ邸”を、練習生らに開放するなど、もっぱら指導者となっている。

新型コロナウイルスの影響で、来年の男子ツアーも通常通り開催されるか不明な状況は続くと予想している。それだけに「来年もどうなるか分からない.来年で74歳か。やろうとする気がどんどんうせてくる。若い時は出たくて仕方なかったけど」と、来年以降のツアー出場も消極的に話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加